ニュース
» 2017年03月17日 14時15分 UPDATE

週刊少年ジャンプの表紙をPC上で制作する過程が動画公開 読者には見えない努力の積み重ね!

毎週、試行錯誤しながら作ってるんだろうなあ。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 日本人の誰もが本屋やコンビニなどで目にしているであろう「週刊少年ジャンプ」(集英社)の表紙。その制作過程が、YouTube上に公開されています。約50年にわたる同誌の歴史のなかで、初の試みかもしれないとのこと。

 冒頭に映っているのは、ほとんど真っ白の表紙用データ。「0月00日号」と適当な文字が入れられており、どうやらテンプレートファイルのようです。動画には、ここから「ONE PIECE」が巻頭カラーを飾った15号(3月13日発売)のおもて表紙が完成するまでのもようが早回しで収録されています。作業を行っているのは東京都のデザイン会社・バナナグローブスタジオで、ソフトには紙面作りなどができる「InDesign」を使用。

 まずは、広告が入る裏表紙部分に同号の内容を記したテキストをペタリ。連載漫画家の描いたイラストとともに、必要なフレーズをおもて表紙にコピペしながら作業を進めています。ここだけ見るとあまりクリエティブな印象は受けませんが、実際には膨大なフォントデータの中から適切なものを選ぶ、文字や画像の大きさ、位置を調整するといった工程が。それらの細かな作業をひとつひとつこなし、かっこよくて見やすいデザインに仕上げています。

 再生時間は7分間とそこまで長くないものの、同じ部分を作り直しているシーンがたびたび見られ、頭を悩ませながら制作していることが伺えます。読者が目にするのは完成品だけですが、その裏側ではこのような試行錯誤が毎週行なわれているんだろうなあ。


画像 最初は真っ白の状態


画像 メインになる「ONE PIECE」のイラストと、使用するテキストをペタリ


画像


画像 その他の画像やフレーズも載せていきます


画像 「火の丸相撲」などの紹介部分は、後で作り直して位置を移動させることに


画像 一番大きく掲載される「結婚式をぶっ壊せ!!」というフレーズは、サンプルを作りながらの作業


画像 それぞれの文字の大きさや位置を、かっこよく調整


画像画像 画像の切り抜き。地味ですが、けっこう難しい作業なんですよね、これ


画像画像 「ONE PIECE」の文字でイラストの一部が隠れていました(左)が、切り抜いた画像を使って文字の上に現れるように(右)


画像 完成!

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:私は“奇跡”をタイプした――それが本当の地獄の始まりだと誰が気付くだろう?


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー