ニュース
» 2017年03月17日 22時00分 UPDATE

「碧志摩メグ」の痛バイクが世界進出するかも? 鈴鹿サーキットでのレース出場に向け、出資募集スタート

海女さんからレースクイーンにジョブチェンジ。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 三重県志摩市の非公認萌えキャラ「碧志摩(あおしま)メグ」(関連記事)の「痛バイク」を制作するクラウドファンディングが「Makuake」でスタートしました

 同キャラクターの世界進出を目指したプロジェクトで、資金調達に成功したら鈴鹿サーキットのレースに出場するとしています。


画像

 「碧志摩メグ」は2014年に志摩市公認キャラとして誕生したものの、2015年末に「キャラクターデザインが性的」などの批判を受けたことから、公認が撤回されることに。2016年に行われたアニメPV制作のクラウドファンディングでは700万円超を調達し、人気の高さを見せています(関連記事)。

 今回行われる「痛バイク」を作る企画で、リーダーを務めるのは「碧志摩メグ」の生みの親であり、プロレーサーとしての経験を持つ浜口喜博さん。200万円集まった場合、国際的に知名度のある鈴鹿サーキット(三重県)で5月21日に開催される「鈴鹿4時間耐久レース(JP250クラス)」に、その車両で参加するとのこと。また、東京都秋葉原に関連施設を作るなどして、同キャラクターの世界進出を目指すそうです。


画像 「痛バイク」で目指せ、世界進出!

 出資は3000円から受け付けており、キャラクターグッズやプロジェクトチームの活動報告などを受け取ることが可能。また、出資者限定のイベントも行われる予定です。詳細はWebサイトからご確認ください。


画像


画像 リターンとして受け取れるグッズ

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー