ニュース
» 2017年03月19日 14時21分 UPDATE

Google、JPEGファイルのサイズを35%小さくする「Guetzli」発表

従来の方式と比べて処理に時間がかかるものの、「Guetzli」はJPEGファイルのサイズを35%縮小できます。

[ねとらぼ]

 Googleが、新しいオープンソースの画像圧縮アルゴリズム「Guetzli」を発表しました。現在のアルゴリズムと比べて、JPEGの画質を維持したままファイルサイズを35%減らせるとしています。

空を背景にした電線の画像。左が圧縮していないオリジナル、真ん中がlibjpeg、右がGuetzli

 Guetzliはスイスドイツ語で「クッキー」という意味。JPEGの画質は、カラースペースの変換、離散コサイン変換、量子化という複数の段階の圧縮プロセスに関連しますが、Guetzliはファイルサイズが小さくなるほど視覚的な画質の低下が起きやすい量子化の段階にフォーカスしたもの。従来のJPEGの心理視覚モデルとの違いを小さくする検索アルゴリズムを採用することで、ファイルサイズと画質低減のバランスを取ると説明しています。

猫の目のズーム画像。左が圧縮していないオリジナル、真ん中がlibjpeg、右がGuetzli

 ただし、従来よりもファイルサイズを小さくできるのと引き換えに、新アルゴリズムでは処理にかかかる時間が従来よりも長くなります。Googleが、Guetzliで処理した画像と従来のlibjpegライブラリによる画像を人間のテスターに見せたところ、ファイルサイズが同じかlibjpegのほうがわずかに大きな場合でも、常にGuetzliの画像のほうが好まれたとのこと。「圧縮処理が遅くなってもその価値はある」と同社は述べています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

日めくりまんが「成功と失敗」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー