ニュース
» 2017年03月22日 15時48分 UPDATE

動きは鳥類、見た目は巨大 にわとりの一種「ブラマ」らしき鳥がデカすぎて遠近感が狂いそう

周囲のものが小さく見える不思議。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 のっしのっしと歩く巨大にわとりの動画が、海外で話題になっています。

 巨大なにわとりが鳥小屋の出入り口から、身をかがめるようにして登場。首を前後に振りながら柵内を歩きまわる様子は、いかにもにわとりらしいのですが、その動きと体の大きさがあまりにも不釣り合いで、思わず目を疑ってしまいそうです。人間が入った着ぐるみじゃないのかこれ……!


画像画像 狭い出入り口からよっこらせ


画像画像 にわ……とり……?

 この大きすぎるにわとりに対し、海外のSNSユーザーからは驚きの声が殺到。その一方で「ブラマという種類なのではないか」という指摘も現れています。米国の非営利団体「The Livestock Conservancy」によると、ブラマは品種改良から誕生したにわとりの一種で、特徴はやはり体の大きさ。一般的には体重4〜5キロまで成長し、1930年ごろまで食肉用の家畜として重宝されていたとのこと。しかし、成長速度が遅いため、現在は鑑賞目的で飼育されることが多いようです。


画像 性格は温厚で、飛ぶのが苦手だそう(「The Livestock Conservancy」公式サイトより)

 なお、この動画は、にわとりの動画・画像が盛んに投稿されているFacebookグループ「SHPEZTARIA DEKORATIVE」にも掲載されています


画像 にわとり関係の投稿が集まる「SHPEZTARIA DEKORATIVE

マッハ・キショ松

関連キーワード

海外


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー