ニュース
» 2017年03月23日 09時00分 UPDATE

元NASA技術者が“絶対真ん中に当たる”ダーツボードを開発 ダーツに合わせて的が移動し強引に命中させる超技術

届きさえすれば、誰でも真ん中に当てられる。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 元NASA所属エンジニアのMark Roberさんが、下手でも必ずブルズアイ(真ん中)に当てられるダーツボードを発明し、YouTubeで公開しました。ダーツの軌道を瞬時に予測して的が動き、むりやり真ん中へ当てさせる超絶システム。技術の無駄遣いにも程があるけどいいぞもっとやれ。


的 どんなに適当に投げても、届きさえすれば……

的中 ダーツの軌跡を読んだ的が自動で移動し、真ん中へ命中させてくれる

意地悪意地悪 設定の変更で、的がダーツを避ける意地悪なモードにもできるようです(動画の1分8秒ごろ)

 かつてNASAのJPL(ジェット推進研究所)で働いていた作者が、3年かけて開発。規定の距離からダーツが投げられると、6つのモーションキャプチャシステムが追跡します。ダーツには小さな反射板が仕込まれており、跳ね返った赤外線から位置を特定。これをもとに、システムは物理方程式を用いて軌道を計算し、ダーツの終着点を割り出します。


モーションキャプチャ 6方向からダーツの位置を測定し軌道を分析

 的は2軸のスライダーに取り付けられており、上下左右へモーターで移動。システムから情報を受け取るとダーツの終着点へ自動で向かい、ブルズアイになる位置で止まります。ここまでにかかる時間は0.4秒以内。ダーツの平均速度に合わせて設計しているそうです。


機構 モーターが釣り糸を巻き取って的を動かす仕組み

 誰が投げても、届きさえすれば確実に当たるこのシステム。Mark Roberさんがバーに持ち込んで客に試してもらうと、みんな大喜びでした。ゲームとしては成立しませんが、真ん中に当たること自体が楽しいようです。正直いっぺん遊んでみたい。


目隠し 目隠しで投げても……

命中 何をしても当たるのでみんな大喜び。めっちゃ楽しそう


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー