ニュース
» 2017年03月23日 00時20分 UPDATE

漫画「とんかつDJアゲ太郎」が完結 落語、上野、VJ……あらゆる文化を融合、2年半の大団円

あの「とんかつ屋とDJって同じなのか!?」は迷言ではなく名言だった。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 3月23日に集英社のWeb漫画サイト「少年ジャンプ+」で、「とんかつDJアゲ太郎」(イーピャオ/小山ゆうじろう)が最終回を迎えました。連載期間は2014年9月からの約2年半。コミックス最新刊の第10巻は5月2日発売、最終巻となる第11巻は発売日未定です。

とんかつDJアゲ太郎 最終回 「とんかつDJアゲ太郎」コミックス第1巻

 同作は渋谷の老舗とんかつ屋の息子・揚太郎が配達中にたまたま出会ったクラブカルチャーに衝撃を受け、DJととんかつ屋、2つの道で一人前の「とんかつDJ」を目指す物語。“クラブをアゲる”のと“とんかつを揚げる”のは一緒だという半ば強引な設定がネットでも人気を博し、2016年4月にはテレビアニメ化を果たしました。「マンガ大賞2016」でもノミネート作品に選定。

とんかつDJアゲ太郎 最終回 ネットで注目を集めた衝撃の一コマ

 一見すると出落ちの異色ネタにみえる「とんかつ×DJ」ですが、クラブで熱気に溢れたフロアを落ち着いた曲で一息つかせる“チルアウト”と、とんかつ屋で食後に提供するお茶に共通性を見出す……など、分かりづらい「DJ文化」の魅力を大衆食「とんかつ」でキャッチーに紹介するストーリーには、音楽好きからもDJを知らない人からもアツい支持が。

 また第3巻では揚太郎が渋谷を離れて上野のとんかつ屋へ修行しに行ったところ、若手の落語家と出会って新しいプレイスタイルを手に入れるというエピソードも。「とんかつDJ」を追求しながら、落語、上野、VJ(ヴィジュアル・ジョッキー)、とんかつソースづくり、トラックメイキング、牛カツサンド……さまざまな文化を吸収して独自のスタイルを手に入れる揚太郎の姿は、あらゆるカルチャーが融合する渋谷の都会らしさを体現。最終話となる121皿まで根強い人気を得続けました。

 完結について原作者の小山ゆうじろうさんはTwitter(@yujirororo)で、「こんなへっぽこ漫画を毎週楽しみにしてくれていた皆さん、今までどうもありがとうございました!! ド新人&初めての連載で、初めから終わりまで、こんなに自由に描かせてもらえたことは、奇跡です。読者の方々にも編集部の方々にもホントにホントに感謝しています」「心配は無用ですからね。『打ち切り』ではなく、描きたい話を全てやってのFINISHですので! 全部描いた!」と語っています。

黒木貴啓


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう