ニュース
» 2017年03月24日 08時00分 UPDATE

沈没したタイタニック号を潜水艦で見に行ける8日間ツアーが参加者募集中 料金は約1000万円

沈没しても庶民には手が出ない"豪華客船"。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 1912年に北大西洋上で氷山に接触し、現在も水深3800メートルの海底に沈んだままになっているタイタニック号。その様子を潜水艦で見ることができるツアー企画の参加者募集が行われています


画像 「Titanic Survey Expedition」公式サイトより

 潜水艦の開発、製造などを手掛ける米国の企業・OceanGateらは、2018年からタイタニック号の大規模な調査を実施。パイロット、科学者などから構成されるそのチームに、有償で参加する「ミッションスペシャリスト」の募集が行われています。

 カナダのニューファンドランド・ラブラドール州から出発する8日間の日程。「ミッションスペシャリスト」は必要な訓練を行った後、水深4000メートルまで潜ることができる有人潜水艦「Cyclops 2」で海底に向かい、潜水艦整備のアシスタントなどとして調査に参加します。世界的に有名ながら、実際に目にした人はほとんどいない沈没後のタイタニック号を見られるほか、「深海の探検家、科学者からレクチャーを受けたり、議論したり」といった体験が楽しめるとのこと。


画像 カナダから出発して、タイタニック号の調査に参加(公式サイトより)


画像 調査に使われる潜水艦「Cyclops 2」(公式サイトより)


画像 タイタニック号にかなり接近できるようです(公式サイトより)

 2018年5〜7月までに7回調査することが予定されていますが、参加料金として約10万ドル(日本円で約1000万円)かかるため、庶民のわれわれには厳しそう。さすがタイタニック号、ある意味で豪華客船らしいお値段です。

マッハ・キショ松

関連キーワード

潜水艦 | 調査 | カナダ | 科学


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう