ニュース
» 2017年03月24日 07時00分 UPDATE

Googleマップに現在地の共有機能が追加 自分がどこにいるかアプリから相手にすぐ伝えられる

待ち合わせや外出時に便利そう。

[ねとらぼ]

 Googleマップアプリに自分の現在地を誰かに共有できる新機能が近日中に追加されます。待ち合わせや外出時に「今どこ?」と聞かれた際、相手のGoogleアカウントの連絡先やメッセージアプリに、Googleマップ上から数回のタップで現在地を伝えることが可能です。

Googleマップ 現在地 共有Googleマップ 現在地 共有 「現在地の共有」機能

 共有する際は、サイドメニューを開くか現在地を示す青い丸をタップして、「現在地の共有」をタップ。次に共有する相手と、場所を共有する時間の長さを選択します。相手は送られてきたリンクを開くと送信主の現在地が確認可能。共有はいつでも自由に中断できます。

Googleマップ 現在地 共有Googleマップ 現在地 共有 共有する時間と、共有する相手を選択

Googleマップ 現在地 共有Googleマップ 現在地 共有

Googleマップ 現在地 共有Googleマップ 現在地 共有 共有が完了すると相手に通知が届く。開くと送信主の現在地が表示

 また現在地だけでなく、目的地までどの道を通って行く予定なのか“移動ルート”を共有することも可能。ナビゲーション画面下部の「その他」にある「移動状況を共有」をタップすると、相手は送信主が目的地に向かってどこを移動しているのか、予想到着時間はいつなのかをリアルタイムで確認できます。目的地に到着すると共有は自動的に終了。待ち合わせに遅れそうなときなどに使えそうです。

Googleマップ 現在地 共有Googleマップ 現在地 共有 移動状況の共有も可能

 新機能はGoogleマップアプリのAndroid版・iOS版どちらにも追加される予定。Googleは使い方の紹介動画も公開しています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(前編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー