ニュース
» 2017年03月24日 12時27分 UPDATE

猫と美術館の戦いはこれからも続く? 警備員とのニャンニャンで話題の美術館猫、職員に事情聴取してみた

そもそも美術館スタッフが猫好きすぎる説。

[イッコウ,ねとらぼ]

 「招き猫亭コレクション 猫まみれ展」にて、黒猫が侵入を試みる事案が発生した広島県の尾道市立美術館(関連記事)。数万RTを超えるなど大きな話題となったニャンニャン事案ですが、同美術館のTwitterを見ると黒猫側は今も諦めていないもよう。まだまだ現場では緊迫した状況が続いているようですが、そもそもこの猫はどこからやってきたのでしょうか。美術館に話を聞いてみました。


猫 泥棒 唐草模様の首輪が泥棒感ある黒猫

猫 泥棒 茶トラ猫も目つきが鋭い

 スタッフによると、この黒猫は「ケンちゃん」と呼ばれる近所の飼い猫(オス)。数年前からこの美術館に来るようになったとのことで、2016年に行われた猫写真家・岩合光昭さんの写真展が開催された時にも現れるなど、相棒(?)の茶トラ猫(同じくオス)とともにこれまで幾度となく侵入を試みていたようです。


猫 泥棒 どうやって侵入するべきか熟考中ニャ

猫 泥棒 入り口を偵察

猫 泥棒 にらみ合う警備員と黒猫

 この猫たちと美術館の攻防の様子はTwitterでもうかがい知ることができます。どうやら数日に一度は美術館周辺に出没しており、警備員だけでなく美術館スタッフに捕まってしまうこともあるようです。

猫 泥棒 スタッフに捕まる黒猫

猫 泥棒 老練な雰囲気を醸し出す茶トラ猫「やはりダメじゃったか……」

 猫に関する展示を行うことはそれほど多くはないとのことですが、それにしてはTwitterに頻繁に現れる2匹の猫。“そもそもスタッフが猫好きなのでは”と聞いてみると、「スタッフがみんな猫好きなので見かけたら声をかけますし、かわいがっています」とのことでした。うらやましい、にゃんにゃんさせろ。

尾道市立美術館Twitterの猫画像まとめ

猫 泥棒

猫 泥棒

猫 泥棒

猫 泥棒

猫 泥棒

猫 泥棒

画像提供:尾道市立美術館

関連キーワード

| 芸術 | 美術館 | Twitter | 写真展


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー