ニュース
» 2017年03月24日 21時34分 UPDATE

大雪で鼻が折れた京都の“大天狗” 治療が終わって元気にそそり立つ姿を公開

元の姿に戻りました。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 負傷して治療を受けていた叡山電鉄・鞍馬駅前の“大天狗”の鼻が完治して、3月24日より公開されています。

叡山電鉄・鞍馬駅前 大天狗

 天狗さんの鼻に異変があったのは1月14日、15日の大雪の時。積もった雪が重すぎたのか、長い鼻を負傷してしまいました。治療中は鼻に大きなバンソウコウを貼られ痛々しい姿に。3月には仮囲いをして手術を受けました。

負傷前の天狗さん 立派な鼻です
治療中の天狗さん

 鞍馬は古くから天狗伝説が伝わる土地。大天狗のモニュメントは2002年に設置され、地域の人や観光客に親しまれてきました。自慢の鼻を取り戻した天狗さんは心なしか誇らしそう。これから迎える観光シーズン、元気になった天狗さんに会いに行くのもいいですね。

関連キーワード

治療 | 観光 | 京都


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー