ニュース
» 2017年03月27日 11時54分 UPDATE

iOS版Twitterアプリ、年齢制限を「17歳以上」に引き上げ 一部ユーザーから「アイコンがホーム画面から消えた」「使えない」の声

App Storeで17歳以上の年齢制限が追加されたことが原因とみられます。

[Kikka,ねとらぼ]

 Twitterアプリのアップデートに伴い、アメリカ時間の3月24日(日本時間の25日)から「Twitterアプリのアイコンがホーム画面から消えた」「Twitterアプリが使えない」という声が一部のiOSユーザーからあがっています。17歳以上推奨の年齢制限が追加されたことが原因とみられます。


Twitter アメリカ時間の24日(日本時間の25日)に行われたアップデートでは17歳以上のレーティングに

 具体的な症状は、ホーム画面から「Twitterアプリ」のアイコンが消える、App StoreからTwitterアプリのページを開こうとしても開けないなど。

 「17+のレーティング」が付けられた理由について、App Storeでは「軽度な過激な言葉遣いまたは下品なユーモア(まれ)」「軽度な性的表現またはヌード(まれ)」「極度な成人向けまたはわいせつなテーマ(頻繁)」が挙げられています。


TwitterTwitter 利用できなくなったユーザーからは不満の声

 これについて、Twitter社に問い合わせたところ、「Twitterは13歳以上の方を対象に考えられています。ただ、場合によっては過激なコンテンツを目にされる可能性がありますので、ChromeやYouTubeなど、iTunes上の他のオンラインサービスの年齢設定にそろえ、iOS版も17歳+の設定をつけました」との回答が寄せられました。

 サービス自体は13歳以上を対象年齢としているのに、なぜ17歳以上の年齢制限がかかっているのかというと、App Storeの年齢レートが「4歳以上」「9歳以上」「12歳以上」「17歳以上」の4択となっているためで、13歳以上とするためには17歳以上のレートを選択するしかなかったようです。

 なお年齢設定が原因で利用できない13歳以上のユーザーに対しては「ペアレンタルコントロールがかかっていると思われますので、ご両親にご相談ください」とのこと。

 今後については「利用者の皆さまがより安全にサービスをご利用いただけるよう、安全性分野のさまざまな部分に変更を入れています。先月、弊社ブログでもご案内を申し上げましたが、近々セーフサーチも始まる予定です」と、さらなる変更が行われる可能性も示唆しました。

(Kikka)

関連キーワード

Twitter | アプリケーション | 年齢制限 | 原因 | iOS


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー