ニュース
» 2017年03月27日 18時25分 UPDATE

頭への刺激で入眠をサポートする「睡眠用たわし」誕生 高い速乾性や通気性も

今後、たわし派が増えるかもしれない。

[ねとらぼ]

 頭ほぐし専門店「悟空のきもち」を運営するゴールデンフィールドは、世界初となる睡眠特化のたわし「睡眠用たわし」を発売しました。


たわし モノトーンです

 純国産たわしシェア1位の高田耕造商店の制作協力のもと、3月24日に発売された「睡眠用たわし」は、「だんだん眠くなるたわし」「寝落ち用たわし」として、枕に不満を持つ層から早くも反響を集めているもよう。発売3日で当初予測を上回る1000個を受注し、既に2カ月待ちになっているようです。

 枕よりたわしが優れている点として、「圧倒的な通気性を誇ること」「入眠・睡眠時に多少頭をいじめたほうがいいこと」「毎日水洗いしてもすぐ乾くこと」が挙げられています。枕に比べ暖まりにくいことで“頭寒足熱”になりやすく、ダニの死骸や糞が蓄積しているといわれる通常の枕とくらべ、清潔さを保つことができるようです。


たわし あえてのたわし

 はじめは違和感があるそうですが、慣れていくと病みつきになるような爽快感とのこと。数年後には「まくら派」「たわし派」による論争が起こっているかもしれません。

関連キーワード

睡眠


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう