ニュース
» 2017年03月28日 10時23分 UPDATE

三田佳子、ドラマ「緊急取調室」で77歳の老婆役 「ノーメイクの状態にシミなどを足して……」

被疑者・白河民子として、天海祐希さん演じる取調官・真壁有希子と対峙します。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 女優の三田佳子さんが、4月20日21時から始まるドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系)第1話に“77歳の孤独で地味な老婆”としてゲスト出演。外見にもこだわり、髪は白髪交じりでぼさぼさ、衣装の背中にはタオルを入れて丸みをだし、顔はすっぴんの状態にシミなどのメークを施しているといいます。

ドラマ「緊急取調室」三田佳子 対峙する三田佳子さんと天海祐希さん(番組ページから)

 天海祐希さん演じる取調官・真壁有希子が、取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーとともに、数々の凶悪犯と心理戦を繰り広げるシリーズ第2弾。三田さんが演じる宅配便配達員毒殺事件の被疑者・白河民子は、事件直後に自首してくるも、重要なところではぐらかし、有希子を翻弄し続けるという役柄です。

 「主演が天海さんで、脚本が井上由美子さん(「白い巨塔」「14才の母」など)だという点にすごく惹かれ、オファーを頂いた瞬間に飛びついた」と話す三田さん。自身が演じる民子については「天海さんに劇中で『おばあちゃん』と言わせる雰囲気を漂わせなければならなかったんです。ですから、役作りはすごく大変でした」とコメントしています。

 また天海さんとは、天海さんが中学生のころに偶然プールで会ったことがあるそうで、そのことがお互いの演技にプラスに働いたもよう。撮影では、取り調べのシーンでいつまでも台本を手放せない三田さんに対して、天海さんが「さぁ、しまいますよ!」と劇中のノートの下に隠してしまうという、男気あふれる振る舞いも見られたようです。「“天海祐希が取調官になったら、こうだよ”という強さがダイレクトに伝わってきました。そこに生々しさと刺激を感じて、私も全力でバトルを演じることができました」(三田さん)。

ドラマ「緊急取調室」 クランクアップでの1枚(番組ページから)

関連キーワード

ドラマ | 女優 | すっぴん | 衣装 | テレビ朝日


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

東大ラノベ作家の悲劇――新小岩で笑っている自殺警備員をみたら、十五歳で立ちんぼをしていた首が“自主規制”な新宿の少女を思い出した:<後編>


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!