ニュース
» 2017年03月29日 07時00分 UPDATE

サンシャイン水族館の新エリア 「天空のペンギン」など5施設 7月12日にオープン

リニューアル工事をしていました。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 サンシャイン水族館は、リニューアル工事の為に閉鎖している屋外エリア「マリンガーデン」を7月12日にオープンすると発表しました。

サンシャイン水族館マリンガーデン サンシャイン水族館 マリンガーデン

 新しくオープンするのは、ペンギン・カワウソ・ペリカン・アマゾンの魚などを見られる5つの展示です。

 水槽で泳ぐケープペンギンの姿を下から見ることのできる「天空のペンギン」と「草原のペンギン」は世界初の施設。草原のペンギンには、同館の丸山館長が実際にアフリカ・ケープタウンで目撃した“ペンギンが暮らす草原”の姿が再現されています。

 さらに、豪快な泳ぎを見ることができる「ペンギン・ダイビングタイム」や、給餌の様子を近くで見られる「ペンギン・フィーディングタイム」などのパフォーマンスも予定されています。

サンシャイン水族館マリンガーデン 天空のペンギン
サンシャイン水族館マリンガーデン 草原のペンギン
サンシャイン水族館マリンガーデン 草原で暮らすペンギン (撮影・丸山館長)

 「カワウソたちの水辺」は、緑に覆われた陸地や急流をイメージした水辺のエリア。本来の生態に近い環境でイキイキと動き回るコツメカワウソの姿を観察できます。

サンシャイン水族館マリンガーデン カワウソたちの水辺

 天空のペンギン水槽から伸びる全長約30メートルの天空の通路「天空パス」で暮らすのはモモイロペリカン。のんびりとくつろぐ姿やペタペタと歩く姿、長いくちばしで水中のエサを狙う姿などを真下から見ることができます。

サンシャイン水族館マリンガーデン ペリカンが暮らす「天空パス」
サンシャイン水族館マリンガーデン 水中でエサをとる姿は迫力がありそう

 「きらめきの泉」では、アマゾン川にすむ魚アロワナやドラドがジャンプしてエサをとるパフォーマンス「アロワナ&ドラド・フィーディングタイム」が行われます。

サンシャイン水族館マリンガーデン きらめきの泉
サンシャイン水族館マリンガーデン ジャンプしてエサをとります

 日没後の「マリンガーデン」は青と緑が基調の幻想的な空間に変わります。月の光や風の力を取り入れる演出は、いやしの時間を生み出してくれそうです。

サンシャイン水族館マリンガーデン 日没後は幻想的な空間に変わります

 「マリンガーデン」は当初2017年春のオープンを予定していましたが、高病原性鳥インフルエンザの流行を勘案して延期されていました(関連記事)。都会の屋上に誕生する新しいエリア、7月のオープンが楽しみです。

サンシャイン水族館マリンガーデンサンシャイン水族館マリンガーデン 2011年にオープンしたサンシャインラグーン、サンシャインアクアリング

関連キーワード

水族館 | ペンギン | リニューアル


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(前編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー