ニュース
» 2017年03月29日 16時08分 UPDATE

世界最大となる1.7メートルもの恐竜の足跡が発見される オーストラリア北西部に生息していた竜脚類

研究者は「オーストラリアのジュラシックパーク」と調査場所を表現。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 オーストラリアのクイーンズランド大学が、世界最大となる1.7メートルの恐竜の足跡を発見したことを発表しました


画像 足跡だけでこの大きさ

 クイーンズランド大学教授のSteve Salisbury氏率いる研究チームは、オーストラリア大陸北西部に位置するダンピア半島で調査を行い、21種の恐竜の足跡を発見。政府が2008年、このエリアを液化天然ガスの生産地域に指定したことから同氏らに依頼があり、400時間を超える調査が行われていたそうです。

 発見された足跡の中には、草食で首と尾が長く四足で歩く竜脚類の1.7メートルに及ぶものも。これまでに見つかった恐竜の足跡で最も大きく、寝そべった成人男性が2、3人収まりそうなサイズです。

 そのほかにもティラノサウルスで知られる獣脚類、ステゴサウルスが属する装盾類などの足跡が出てきており、Salisbury氏はダンピア半島を「オーストラリアのジュラシックパーク」のような場所だと表現しています。


画像 世界最大の恐竜の足跡が発見されたほか、21種の恐竜が生息していたことも明らかに

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう