ニュース
» 2017年03月29日 16時46分 UPDATE

「シン・ゴジラ」の白組が地方PR動画に怪獣「カイセンドン」を放つ! 関門海峡の運命やいかに

監督は東京五輪招致映像のディレクションを手がけた会社、「空気」の江口カン氏。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 福岡県北九州市と山口県下関市が、関門海峡のPR動画「COME ON!関門!」を公開しました。「シン・ゴジラ」のVFXを手掛けた白組が参加し、怪獣「カイセンドン」の襲来をリアルに描いています。関門海峡はいったいどうなってしまうのか!?


カイセンドン 関門海峡の危機!

 少年たちが平穏に海辺で遊ぶなか、海中から突如姿を現すカイセンドン。その巨体は住民や観光客たちを威圧し、この世の終末を感じさせます。


カイセンドン 海面に浮かぶ巨大な影

カイセンドン しぶきを上げて怪獣登場

カイセンドン 船乗りから漏れる諦めの声。なぜか全編、英語音声・日本語字幕です

カイセンドン 大慌てで逃げ出す人々

 群衆が恐怖に逃げ惑い、いよいよ怪獣上陸か……と思われた瞬間、カイセンドンに異変が。急にバランスを崩し、倒れて潮に流されてしまいます。それもそのはず、関門海峡は日本三大急潮流に数えられる海域。最速9.4ノットもの急流のおかげで、地域の平和は守られたのでした。


カイセンドン 皆が絶望の淵に立たされたとき、急によろけるカイセンドン

カイセンドン え?

カイセンドン あっ

カイセンドン 流されていく怪獣

カイセンドン なんとなく湧き起こる拍手

カイセンドン ありがとう急流!(最速9.4ノット)

 特設サイトでは、メイキング画像やカイセンドンの詳細設定も公開。壇ノ浦の戦いで敗れた平家の怨念がヘイケガニに取りつき、長い時を経てフグやタコと融合し怪獣に変異したとされています。北九州市と下関の名産である、フグ・カニ・タコの融合体。ずっこけて自滅したせいで真価は発揮されませんでしたが、毒の噴霧やハサミでの切断、触手による締め上げなど、残酷な性質を備えているようです。


カイセンドン おっちょこちょいなせいで、恵まれた体格を生かせないおかしな怪獣

 映像制作は東京五輪招致映像のクリエイティブ・ディレクションを手掛けた会社「空気」が主導し、白組のほかNISHIKAIGANやAnimationCafeといったチームが参加。監督の江口カン氏は、「このムービーがウケて、世界中の方々が関門海峡に観光に訪れることを願っております。流された怪獣も喜ぶと思います」とコメントしています。


(沓澤真二)


関連キーワード

動画 | シン・ゴジラ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(前編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー