ニュース
» 2017年03月29日 21時00分 UPDATE

泳げない金魚に手作りの“車いす” 泳げるようになった姿に反響

浮袋の障害で泳げない金魚が車いすのおかげで泳げるように。大手メディアが取りあげるなど海外で話題になっています。

[Sakura,ねとらぼ]

 浮袋の障害で泳げなくなっていた金魚が、オリジナルの車いすをつけて泳げるようになりました。その姿はSNSで話題になり、海外のメディアでも大きく報道されています。

 今や有名になった金魚の飼い主は、テキサス州に住む19歳のテイラー(@taylorndean)さん。彼女の金魚は浮袋の障害によりバランスがとれなくなり、水槽の底にななめに漂う状態になっていました。

 地元のアクアリウムショップに金魚を持ち込んだところ、友人のスタッフがオリジナルの車いすを作ってくれたとのこと。発泡スチロールを利用したブイをつけて浮力をサポートすると、金魚はスイスイ泳げるようになりました。

 テイラーさんによると浮袋の障害は慢性的なもので、治る可能性はないそうです。それでも車いすをつけていれば、泳ぐだけでなく普通にえさを食べ、フンをすることができます。また徐々に泳ぐための筋肉も発達しているとのこと。金魚の表面を覆う粘液が傷つくリスクはあるものの、体を支えるパーツをチューブからネットに変えたことにより、いまのところ影響はなく、今現在も金魚は車いすをつけて元気に泳いでいるそうです。

身体を支えるパーツがチューブからネットにアップデートされて、より泳ぎやすく

 テイラーさんが車いすの金魚をTwitterに投稿ところ、2万8000リツイート、7万9000いいね!を集めて一躍有名に。その後アメリカのFOXテレビをはじめ、世界中のメディアがこの話題を取り上げました。

 テイラーさんはYouTubeに動画をアップしており、その中では、同じ障害のある金魚のための車椅子の作り方や、車いすを金魚に装着する様子も紹介されています。

 YouTubeを見た人からは「車いすを付けた金魚はまるでアニメの主人公みたい」「ありがとうテイラー、アクアリウム初心者にとって役に立つビデオだわ」「こんなにかわいい金魚を見たのは初めて!」といったコメントが寄せられています。

 人も金魚も、障害があってもサポートにより普通に生活できます。車いすを付けて泳ぐ金魚の姿は、世界中に感動を与えています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー