ニュース
» 2017年03月30日 20時00分 UPDATE

長崎ちゃんぽん「リンガーハット」の営業時間を短縮へ 最大で5時間短縮も

首都圏を中心に53店舗で「営業時間短縮」が実施されます。

[宮原れい,ねとらぼ]

 リンガーハットは3月30日、長崎ちゃんぽん専門店「リンガーハット」の営業時間を4月1日から短縮することを発表しました。



 同社は昨年より一部店舗での「営業時間短縮」や「閉店時間30分前のオーダーストップ」を推進。そして今回さらに首都圏を中心に53店舗での営業時間短縮を決定しました。各店舗で閉店時間は異なるものの、最短で30分、最長で5時間の短縮を実施するとしています。

 狙いは主に従業員の安定的な雇用確保やモチベーションの向上で、同社による「働き方改革」の一環として行われます。また同時に、ランチタイムやディナータイムに従業員を手厚く配置するなど、より質の高いサービスの提供を目指します。



 その他にも同社では今年3月1日に「65歳定年延長」を導入し、正社員の定年を現状の60歳から65歳に延長。賃金・賞与に昇給・昇格は60歳以前と同様とする制度で、希望する場合は60〜64歳の間で定年することも選択可能です。

 また従業員の負担を軽減するためとして、長崎ちゃんぽん専門店「リンガーハット」・とんかつ専門店「濱かつ」の一部店舗において業務の機械化を推進。すでに「タブレット注文」をはじめ、会計時の「自動釣銭機」や、ご飯のおかわりをセルフ化する「自動ごはんおかわり機」などが設置されています。


リンガーハット 営業時間 短縮 働き方改革 長崎ちゃんぽんリンガーハット 営業時間 短縮 働き方改革 長崎ちゃんぽん 注文タブレット(左)/自動釣銭機(右)

リンガーハット 営業時間 短縮 働き方改革 長崎ちゃんぽんリンガーハット 営業時間 短縮 働き方改革 長崎ちゃんぽん 自動ごはんおかわり機(左)/ウェイティングシステム(右)

(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう