ニュース
» 2017年04月02日 14時20分 UPDATE

絵本「たべてあげる」がトラウマ級に怖いとTwitter騒然 作者「絵本が怖いというのはとても健全なこと」

好き嫌いのある男の子の前に、もう1人の小さな自分が現れて……。展開が怖すぎると話題に。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 好き嫌いをテーマにした絵本「たべてあげる」(文:ふくべあきひろ、絵:おおのこうへい、教育画劇刊)が、子どもの頃に読んだらトラウマになるレベルで怖いとTwitterをざわつかせています。2011年発売の絵本ですが、この度あるTwitterユーザーが内容を紹介したところ、「確かに怖い」と共感をもって10万回以上リツイートされました。

たべてあげる 絵本 怖い 「たべてあげる」表紙。かわいい感じだけれども……?

「たべてあげる」のあらすじと反響

 あらすじは次の通り。絵本のオチにも触れるので、読み進める際はネタバレにご注意を。

 主人公の男の子・りょうたくんはピーマンが大嫌い。食卓で悩んでいたところ、ひょっこり“小さなりょうたくん”が現れて嫌いなものを何でも食べてくれるといいます。こっそり食べてもらいお母さんから褒められたりょうたくんは、次の日はにんじん、と嫌いなものは何でも小さな自分に食べてもらおうと調子に乗り始めます。

たべてあげる 絵本 怖い りょうたくんの前に現れた小さなりょうたくん。嫌いなものをどんどん食べてくれる(画像提供:教育画劇)

たべてあげる 絵本 怖い 徐々に「何でも食べてあげる」に狂気が帯びはじめる。目がおかしい……!

 すると小さな自分は嫌いなもの以外も食べ始め、りょうたくんよりも体が大きくなってしまいます。この状況を嫌がっていると、「こんどはりょうたくんがいやなの?」と口を開いてりょうたくんをバクン。最終的に食卓にはもう1人の自分が座り、すり替わったことを知らないお母さんから何でも食べるのを褒められる、という結末を迎えます。そのあとちょっぴり本物のりょうたくんのその後も描かれるのでご覧あれ。

たべてあげる 絵本 怖い 大きくなる、もう一人のりょうたくん。そして……

たべてあげる 絵本 怖い ひいいいいいい

 Twitterではこのあらすじを「え、怖...」と紹介したツイートが大きく拡散(ツイートはその後削除)。「さすがに怖すぎる…こんなん超トラウマ級だわ」「これは、流石にやばいやろ....背筋ゾクっとするレベルやで..」などその怖さに共感する声が相次ぎました。

 「絵本って、『教育』って目的が大きいからね。こういう絵本って、いいと思う」「これ読み聞かせで読まれた。1人、本気で怯えた男の子が無言で席を立って無表情でお母さんにしがみついた姿が可愛かったです」と、教育的だと評価する意見も。一方で「こんな怖い絵本を幼児に見せていいのだろうか…」と心配する声もあがっています。

作者2人の「怖くした意図」

 なぜこのような怖い話を作ったのでしょうか。文を担当したふくべあきひろさんは、「子どもには、怖いものが必要だと思っています。自分の理解を超えた、恐ろしい存在がいた方がまっすぐに育つのではないかと思っています」と説明します。

 Twitterの反響について「正直、うれしいです。絵本は読まれてこそ、価値があるのでこれを機にもっと多くの方に読んで欲しいです」と喜びながらも、「ただ、これくらいの内容で怖いといわれている現状は、それはそれで、逆に怖いな、とも思います」とも。

 「本来、日本の昔話にせよグリム童話にせよ、子ども向けの話というのは相当に怖いです。自分の理解を超えたものを信じさせます。実際の世の中は、そんなことばかりだからです。だからこそ、個人的には、絵本にはあまり大人の世界のコンプライアンス的配慮を持ち込まない方が良いのでは? と思います。なまはげ万歳です。親が怖い。先生が怖い。絵本が怖いというのは、とても健全なことな気がしますね」(ふくべさん)

たべてあげる 絵本 怖いたべてあげる 絵本 怖い 小さなりょうたくんの目など、絵柄も怖い

 また同作は、小さなりょうたくんの目に光が無いなど、不気味なタッチもラストの怖さを演出しています。絵を担当したおおのこうへいさんは、「子どもの頃に読んだ、せなけいこ先生の『ねないこだれだ』のような大人になっても覚えてるような衝撃なラストを目指しました」と怖くした理由について。

 「怖い絵本として話題になっているのは、狙った部分でもあるので正直うれしいです。絵的には、95%かわいく5%不気味を目指しました。後半にいくにつれて、まさかそんな怖かったなんて! と思ってもらえるような絵の構成にしています。でも後半の目に光が無いりょうたくんはやっぱり怖いですよね(笑)」とこだわった点を語ります。

 「ただし怖いだけでなく、個人的には最後の絵でりょうたくんのたくましさを感じるようにしたつもりです(笑) この先のりょうたくんの逆襲を想像してもらえると、それはそれで違った面白さがあるのでは?」(おおのさん)

 ちなみに、ふくべさんには「涼太」という息子さんがいるとのこと。あれ、この名前は……。

 「そうです。絵本に出てくる『りょうた』君です。彼が生まれたとき、この絵本を作りました。いま5才です。しかも野菜が超嫌いです。彼が現在通っている幼稚園は、給食を残さず食べさせてくれる、まあまあスパルタな幼稚園です。そのため、5才児の彼は浅知恵をフル活用し、野菜を食べないように日々画策しています。机と机の溝に、細長くして埋める。水筒のお茶を飲むふりをして、水筒の中に吐く。などなど、悪行の限りを尽くしています。主人公を『りょうた』にしたばかりに……やはり言霊というのはあるのでしょうか?」(ふくべさん)

 絵本にまつわるユニークな後日談も語ってくれたふくべさん。「そろそろ字も読めるようになってきたので、しっかり読ませて、怖がらせようと思っています」と、「たべてあげる」で息子さんを震えがらせる気満々のようです。

黒木貴啓


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう