ニュース
» 2017年03月31日 15時09分 UPDATE

触手さんと一緒に働ける時代が来るかも! タコの足を参考にしたうねうね動くロボットアーム誕生

柔らかいため安全性が高いそうな。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 ドイツの企業Festoが、タコの足をモチーフにしたロボットアーム「OctopusGripper」を開発しました。うねうね動いて、なんでも持てるすごいロボだよ!

 「OctopusGripper」はシリコンを使った空圧式のロボットアームで、タコの足のように柔軟に動くため、さまざまなサイズ、形状の物体にフィット。内側に配置された2列の吸盤を使って持ち上げたり、つかんだりすることが可能です。

 Festoによると、このような柔らかい構造には人間との共同作業が安全に行えるというメリットも。同社は、このほかにも象の鼻とタコの足がモチーフで触手っぽいデザインの「BionicMotionRobot」などのテストを行い、さまざまな産業分野での活用を目指しているようです。


画像


画像 タコの足にそっくりな「OctopusGripper」


画像 吸盤付きの触手がなかなか便利


画像 球体でもしっかり持てるようです


画像 いかにも触手っぽい動き


画像画像 先端部分には「OctopusGripper」などが装着可能


画像 こちらも先端部分が交換できるようで……


画像 「OctopusGripper」を装着すると、手がタコになった人間のような見た目に

 人間の周囲で触手を搭載したロボットがうねうね動いている光景がいつか当たり前になるかもしれません。うーん、想像できるような、できないような……。

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう