ニュース
» 2017年03月31日 18時50分 UPDATE

「在庫もふくめ、店のすべての『ニセ魚コードUSB』を買った」 明和電機社長の海賊版対策が斜め上すぎた

「魚コード」は「なこーど」と読みます。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 「在庫もふくめ、店のすべての『ニセ魚コードUSB』を買った」――。自社商品の海賊版を発見した社長の対応が話題を呼んでいます。


 アーティストユニット・明和電機から発売されている「魚コードUSBケーブル」。魚の骨を模したデザインがシュールかわいい一品ですが、残念ながらこちらの海賊版が流通してしまいました。3月30日、Twitter上で「魚コードパクられとるやんw」という投稿を目にした社長の土佐信道さんは、即座に海賊版が見つかった店舗に突撃。なんとその場でお店にあった海賊商品100個を買い占めてしまいました。さらに、これらを即日オリジナルパッケージにリメイクし、同社オンラインストアで社長サイン入りで販売開始するという豪快なスピード展開。

「在庫もふくめ、店のすべての『ニセ魚コードUSB』を買った」 明和電機社長の海賊版対策が斜め上すぎた ニセ「魚コードUSBケーブル」をオリジナルパッケージでまさかの商品化。パッケージ右上には社長のサインも

 土佐さんは当初Twitterで、「うちのより性能いいじゃないか・・・」と、海賊版の完成度に脱帽。かなり忠実に再現されているようで、一時は正規品を請け負った工場が金型を流用したのではないかと疑ったほどでした。

「在庫もふくめ、店のすべての『ニセ魚コードUSB』を買った」 明和電機社長の海賊版対策が斜め上すぎた 色でしか見分けがつかない

 ねとらぼ編集部の取材に対し土佐さんは、「Twitterで『工場の金型から流出』と書きましたが、その後商品の詳細な分析を行ったところ、明和電機の商品から忠実におこした『新しい金型』で作っていることが分かりました」と説明。リメイク版の売れ行きは好調なようで、「白」「赤」「黒」と3つあるカラーバリエーションの内、既に「白」が売り切れている状況です。


 また、せっかくなので「魚コード」シリーズに込められた思いを聞いてみたところ、土佐さんは次のように語ってくれました。

1995年に発売した「魚コード」は100Vの電気コードで、それにつながるものは家電製品などでした。その後2000年に発売した「魚コードストラップ」は、時代を反映して、つながるものは携帯電話になりました。2013年、明和電機が20周年を迎えるにあたり、新しく「魚コード」を発売することになったのですが、じゃあそれに何をつなごうか? という話になったとき「スマホ」でしょう! ということでUSBケーブルになりました。時代の変化とともに、魚コードがつながるものも変化しています。


 なお、明和電機のニセ「魚コードUSBケーブル」はあくまで“アートピース”として販売されているため、実際に使用して何らかの不具合が生じたとしても保証はされないので、購入する場合はご注意を。「魚コードUSBケーブル」はホンモノ・ニセモノ共に2700円(税込)で発売中。また、4月14日に開催される同社の1年間を振り返るイベント「明和電機事業報告ショー2017」では、土佐さん自ら今回の騒動について詳細なトークを行う予定です。


関連キーワード

海賊版 | 社長 | モダンアート


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー