ニュース
» 2017年04月03日 08時00分 UPDATE

VR空間で戦艦「三笠」に乗り込みバルチック艦隊と海戦 「VR戦艦大和」の神田技研がプロジェクト始動

東郷平八郎や秋山真之の視点で、「東郷ターン」戦法を体験。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「VR戦艦大和」を手がけた神田技研(関連記事)が、「VR日本海海戦」の開発を発表しました。日露戦争の成り行きを決めたバルチック艦隊との1戦を体験できます。


三笠 日本海海戦における日本海軍の旗艦、三笠

 1905年、日露戦争中に対馬沖で発生した海戦を、指揮官の東郷平八郎や参謀の秋山真之の視点から見られるVRコンテンツ。三笠保存会のプロデュースおよび歴史監修の下に艦船や状況などを史実に再現しています。日本海軍を勝利に導いたという「東郷ターン」戦法も間近で体験可能。


艦橋 艦橋部までリアルに再現

東郷 指揮官の東郷大将

 博物館展示作品として開発中。2017年ゴールデンウィークより記念艦三笠で公開され、常設展示となる予定です。


(沓澤真二)


関連キーワード

VR | 再現 | 戦争 | 戦艦大和 | 博物館


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう