連載
» 2017年04月01日 12時30分 UPDATE

やしろあずきの日常―― Web漫画家ってどうやって過ごしてるの? やしろあずきの1日を赤裸々に公開してみた(前編) (1/5)

これが僕の日常です。

[やしろあずき,ねとらぼ]

 こんにちは。やしろあずきです。


やしろあずきの日常 中世にタイムスリップしてました

 さて、最近いろいろなところで仕事をしている僕ですが、会う知人会う知人に言われる言葉があります。


やしろあずきの日常

 「結局、お前の職業ってなんなの?」


 これです。これを言いたくなる気持ちもよく分かります。なぜなら僕だってよく分からないからです。最近はよく分からなすぎて無職って答えることにしています。

 美容院で「お仕事は何を?」って聞かれたときに「無職です」って答えた時の気まずさ、体験したことありますか?

 ……ということで、無職じゃいくらなんでもあれなのでこれを機に自分を見つめ直してみたのですが、今やらせていただいている仕事をあらためて書き出してみると、7〜8割がイラスト、漫画を使ったお仕事であり、その中でも漫画の割合が結構高いことに気付きました。

 なので僕の職業は……。

やしろあずきの日常

 「Web漫画家」だと思います。きっと。

 まあ、僕自身はそう思っているので、そういう類の質問をしてきた人には大抵そう答えるんですが、次に聞かれるのは決まって「Web漫画家ってなんなんですか?」とか「Web漫画家ってどんな風に仕事してるんですか?」なんですよ。

 それを聞いて僕はこう思うわけです。


やしろあずきの日常

 「確かに分からないよな〜」と。

 「Web漫画家」という名称で呼ばれる人は、複数のメディアで連載を持ったり単発の仕事を受け続けていたりなど、さまざまな働き方をしている人が多く、僕の知る限りでも世間に認知されてる率が高い週刊漫画家のような、どこか1つの雑誌などに所属して1つの作品を描き続ける、というような人は少ないように感じます。

 Web漫画家ってもの自体、最近になってから登場したモノだし、これは確かに実際やってる人や業界の人でない限りどういった感じなのか分からないよなぁ……。

 というわけで、今回は「Web漫画家」というか「Web漫画家の一人であるやしろあずきの働き方」について記事にしていきたいと思います。


そもそもWeb漫画家って何なの?

 Web漫画家とは言うけれど、結局のところどんなことしてる人がWeb漫画家と呼ばれるのか。これに関しては僕も気になって調べてはみたのですが、どうやら明確な定義はされてないみたいです。何だよ!

 調べてみてもヒットするのは「Web漫画家になって稼ぐには〜」とか「稼げる! Web漫画家」みたいななんか高額な情報商材を売りつけられそうなタイトルのものばっかりで……(ごめんなさい)。なんかもっと偉い感じの業界の人が「Web漫画家とは〜」みたいな感じで語ってると思ったら、そういうのは全然見当たりませんでした。まあ新しい働き方だしね……。

 ……なのでもう、Webメインで漫画を描いてる人はWeb漫画家でいいんじゃないでしょうか。プロを付けるか付けないかとかそういうのはひとまず置いといて。Webで漫画を描いたことある人はもう皆Web漫画家ですよ。そこの君も君も君だってみんなWeb漫画家。イェーイ!

やしろあずきの日常

 まあここでWeb漫画だけで食べていってるプロと趣味の範囲でWeb漫画を描いている人との違いとか色々出てくると思うのですが、お金の話とかも含めてそこらへんは後編でお話ししたいと思っています。あ、今言っておきますけど今回の記事も前後編です。

 理由は普通に忙しいのと、この記事を書いている途中でパソコンがブッ壊れてデータが全て飛んだからです。もう嫌だ。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.