ニュース
» 2017年04月01日 18時50分 UPDATE

ワンニャンまとめます! 2017年エイプリルフールまとめ(動物編)

エイプリルフールの動物記事まとめました。

[ねとらぼ]

 今年もやってきたエイプリルフール。恒例のネタ合戦をわんにゃんまとめちゃいました!

関連記事

・今年もやっぱり来ちゃったよ! 2017年エイプリルフールまとめ(動物以外も!)

まぐろウォーターサーバーが登場

 ウォーターサーバーを販売するアクアセレクトから、生臭くない「まぐろウォーターサーバー」が登場。世界的なクロマグロ漁獲高減少を受け、水産資源保護を目的に長年にわたり研究を重ねてきたという同社。ついに猫ちゃんとの取り合い必至な「刺し身」のように新鮮な魚水の開発に成功。さらに温水だと煮物の味も楽しめるそうです。

ワンニャンまとめます! 2017年エイプリルフールまとめ(動物編)

エア・カナダがネコノミークラスとニャーストクラスを導入

 エア・カナダが「プレミアムネコノミー」及び「ニャーストクラス」を導入。グローバルなねこ様たちにワンランク上の快適な空の旅を提供すると発表しました。機内食には厳選された高級キャットフードが提供され、枕やブランケットのふかふかさにもこだわったとのこと。

ワンニャンまとめます! 2017年エイプリルフールまとめ(動物編) プレミアムネコノミー

ワンニャンまとめます! 2017年エイプリルフールまとめ(動物編) ニャーストクラス

オーストラリアでワニになれる求人票が掲載

 ワーキングホリデー制度を支援・促進している一般社団法人日本ワーキング・ホリデー協会(JAWHM)がオーストラリアでワニになれる求人票を掲載しています。ワニスーツを着て、ワニを演じるお仕事。一緒に働くワニの中にはまれにホンモノが紛れているそうですが、事前にワニとのコミュニケーション研修も行われるため、ワニ初心者の人でも安心です。

ワンニャンまとめます! 2017年エイプリルフールまとめ(動物編)

mixiが「イイニャ」ボタンを設置

 mixiが「イイネ」ボタンを「イイニャ」ボタンに変更。かわいい猫写真を見つけたときに連打したくなりそうです。ボタンを押すと「ニャー!?」という鳴き声も(ブラウザによっては出ない場合もあります)。「イイニャ」ボタンは4月1日限定で、本当に実装されています。

ワンニャンまとめます! 2017年エイプリルフールまとめ(動物編)ワンニャンまとめます! 2017年エイプリルフールまとめ(動物編) ニャー!?

トヨタは初の犬猫専用車開発

 ネコ専用車「NYANK」とイヌ専用車「WAN WAN CRUISER(通称:ワンクル)」がいきなり本日発売。先行特別試乗会もいつの間にか行われていたそうです。


猫専用「ドモホルンニャンクル」登場だニャー

 猫専用のドモホルンリンクル「ドモホルンニャンクル」が登場しました。猫の肌や毛のツヤを改善します。飼い主よ、今すぐ買うのニャ。


地鶏業者鶏の会話を翻訳してくれるアプリ「TORI Lingual」を開発

 年間90万羽の地鶏を生産する塚田農場が、ついに鶏の気持ちが分かるアプリ「TORI Lingual」の開発に成功しました。カメラ機能と最新3次元認証アルゴリズムを使い、「コケー」という鳴き声から「おいしく食べて」「脂が乗るのは90日齢から」などの気持ちを読み取れるとのこと。アプリ開発費は10兆円。

ワンニャンまとめます! 2017年エイプリルフールまとめ(動物編)

犬用カラオケ「JOYSOUND DOGS」が発売

 ストレス社会と戦う全ての生き物を応援するJOYSOUNDが、犬用カラオケ機器「JOYSOUND DOGS」を発表してくれました。「ドッグフードには飽きた」「もっと散歩に連れて行ってほしい…」など、現代社会に潜むわんちゃんたちのストレスを少しでも和らげるわんだふるなマシンです。

ワンニャンまとめます! 2017年エイプリルフールまとめ(動物編) wow wow wow ♪

実写ハガレンにまさかの追加キャストが発表にゃ!?

 12月1日公開の実写映画「鋼の錬金術師」にまさかの追加ゲスト出演!? 特別公開された動画ではアルフォンスの甲冑を持ち上げると、中からはまさかの子猫・ぼーちゃんが登場。公式Twitterは「もし、この子猫が映画本編に登場したらどんな役名を付けますか?」と、役名を募集中です。

ワンニャンまとめます! 2017年エイプリルフールまとめ(動物編)
ワンニャンまとめます! 2017年エイプリルフールまとめ(動物編) あらかわいい

カピバラ変身ツアーで1年間セルフもふもふの旅

 世界各地の現地ツアー専門予約サイト「ベルトラ」「カピバラ変身・もふもふ体験ツアー」を発表しました。ツアー参加者は1年間カピバラに変身し、セルフもふもふできてしまうという夢のツアー。販売価格は1年間カピバラとして生活するためのエサ代(参加者のライフスタイルにより異なる)とのこと。元の生活が恋しくなりそうな人には「人間界1日復帰プラン」なども用意されているため、気軽に申し込むことができそうです。

ワンニャンまとめます! 2017年エイプリルフールまとめ(動物編) カピバラになって癒されることが可能

関連キーワード

まとめ | エイプリルフール | 動物


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(前編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー