ニュース
» 2017年04月02日 22時00分 UPDATE

サメが路上に打ち上げられ……オーストラリアを襲ったサイクロンの影響がすごい

オーストラリアを襲ったサイクロンは、サメが路上に打ち上げられるほどの猛威を振るいました。

[たびぐらし・ゆーと,ねとらぼ]

 先週オーストラリアを襲ったサイクロン「デビー」は、風速50メートルを超える猛烈な嵐で各地に洪水などの被害をもたらしました。そんな中で、意外なものが陸に打ち上げられたことが話題になっています。

 それはなんとサメ。しかもオオメジロザメと言われるかなり大型のサメです。ジョーズで有名なホオジロザメほど有名ではありませんが、体長4メートルほどに成長する上、人を襲うこともある、いわゆる「人食いザメ」として知られている種類なのです……恐ろしい。

 サメの写真をネットに投稿したのは、現場で救助活動に当たっている州の防災対策チーム。ネット上では「何? エイプリルフールのジョーク?」「こんなB級映画あったよな」「フカヒレスープはまだかい?」なんてコメントが寄せられています。

 しかしネット上の反応とは裏腹に対策チームは至って真面目。「水の中に何がいるか分からない! 水に入る前にはよく考えて!」と呼びかけています。

このサメが発見されたのは、たくさんの日本人観光客が訪れるクイーンズランド州のケアンズから、南に500キロほど下ったエアーという街の近く。海からは20キロくらいは離れている街です。

 このあたりはサイクロンが上陸した地点なので、特に浸水の被害が大きく、周辺地域ではボートを出しての救出作業が進められているほど。

 そのような被害状況でも、カヤックに乗る人や、サーフィンやジェットスキーに興じる人の姿が見られました。

 そんな中、淡水でも生きられる「人食いザメ」が発見されたとあっては、救出チームの心配も無理のない話なのかもしれません。

 サイクロン「デビー」は日本人に人気のゴールドコーストや、グレートバリアリーフの玄関口であるアーリービーチといった観光地にも被害を及ぼしており、これまでに2万人以上が避難し、行方不明3人、死者3人が確認されています。

たびぐらし・ゆーと

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう