ニュース
» 2017年04月03日 16時30分 UPDATE

ご当地めし:熊本の超巨大果物「晩白柚(ばんぺいゆ)」は捨てるところなし! 皮まで食べられて病みつきの味

サクッとした果肉の食感に病みつき。

[Kikka,ねとらぼ]

 ご当地の食材を一番おいしく食べる方法を知っているのはご当地の人――。第二回は熊本県の特産品でとっても大きな柑きつ「晩白柚(ばんぺいゆ)」をご紹介します。


ご当地めし晩白柚 デコポンやオレンジとくらべてみるとこんなに大きい晩白柚

第二回「晩白柚」は皮もおいしい

 今回取り上げる「晩白柚」はザボンの一種で、柑きつ類の中でも特に果実が大きいことで知られています。今回都内で手に入れたものは1個980円。サイズは直径が20センチを超えていました。


ご当地めし晩白柚 都内で入手した晩白柚。パッケージにはくまモン!

ご当地めし晩白柚 とっても大きく、ズシリと重い

 それにしてもこんなに大きい果実、どうやって皮をむくのかすらも分かりません。熊本県南広域本部農林水産部農業普及・振興課の参事、堺さんにお話を聞きました。

 堺さんによると、晩白柚を購入した時はヘタが緑色だったり外から触ってみると皮がまだ硬い場合が多いのだそうです。1週間程度様子を見て、ヘタが茶色くなり、手に触れたときの感触が柔らかくなれば食べごろとのこと。


ご当地めし晩白柚 食べごろになった晩白柚。手で触ったときの感触で食べごろを見極める

 では早速切っていきましょう。晩白柚はとっても皮が厚い果実です。オレンジのようにはむけません。まず上部2センチくらいを切り落とします。続いて縦方向へ八等分程度の切り込みを入れていきます。この時できるだけ果実に傷を付けないように気をつけましょう。


ご当地めし晩白柚 晩白柚の皮はこんなに厚い

ご当地めし晩白柚 こんな感じに切る

ご当地めし晩白柚 なるべく果実に傷を付けないように

ご当地めし晩白柚 実を取り出す

 あとは果実を取り出し小房に分けるだけ。皮から実をガバッと外す瞬間はちょっと気持ちが良いです。ちなみに約1キロの晩白柚の場合、皮の重さがどれぐらいあるかというと、約380グラムありました。結構な割合を占めていますね!


ご当地めし晩白柚ご当地めし晩白柚

 きれいに皮をむいてみると、一房あたりの大きさは筆者の手の大きさとほとんど変わりません! とにかくでかいです!


ご当地めし晩白柚 こんなに実が大きい晩白柚

 と、ここで一口。サクッとした歯ごたえに甘みと酸味、そして苦味も感じられてとってもおいしいです。独特の食感についつい手が伸びてしまいます。これはハマりそうなウマさ。


ご当地めし晩白柚 瑞々しくておいしそう

ご当地めし晩白柚 一粒でもこの大きさ

ご当地めし晩白柚 全部むいてみた

 このままでも十分おいしい晩白柚ですが、ここからは堺さんに教えていただいたジャムと皮の砂糖漬けも作ってみようと思います。

 まずは果肉をお鍋に入れて火にかけます。しばらくすると果汁が出てくるので、別の容器に移しておきます。最後にお鍋に少量のハチミツ入れて煮詰めるとあっという間にジャムができました。


ご当地めし晩白柚 お鍋に晩白柚を入れて火にかける

ご当地めし晩白柚 果汁が出てくる

ご当地めし晩白柚 煮詰めている途中の果肉

ご当地めし晩白柚 果汁は別の容器に移しておく

 果肉のつぶつぶ感を残して作ってみたのですが、ハチミツの甘味が晩白柚本来のおいしさを引き立てていて風味が良いです。ヨーグルトに入れたり、お肉料理に使うソースに混ぜてみてもおいしかったですよ。


ご当地めし晩白柚 粗熱を取ってから瓶に移して保存

ご当地めし晩白柚 できるだけ早めに食べきりたい

 続いては皮を使った砂糖漬けです。まず皮をよく洗い、白っぽい薄皮の部分だけを取り出します。


ご当地めし晩白柚 皮をよく洗う

ご当地めし晩白柚 白い薄皮だけを取り出す

ご当地めし晩白柚 こんな感じ

 このとき黄色い部分も捨てずに天日干しするとポプリにできる他、お風呂に入れると爽やかな香りの「晩白柚風呂」が楽しめます。ただし皮膚が弱い人には刺激が強い場合があるので、ご注意下さい。


ご当地めし晩白柚 天日干しすればポプリに

ご当地めし晩白柚 お風呂に入れると爽やかな香りが楽しめる

 さて、お話を砂糖漬けに戻します。お鍋いっぱいに薄皮を入れて、お水、お酢大さじ1を入れて10分程度ゆでます。時間が来たらお湯を捨てて、再びお酢、お水を入れて工程を繰り返します。


ご当地めし晩白柚 1回目

ご当地めし晩白柚 2回目

 2回目には皮が透き通って、皮自体が果実の様に見えてきます。ちなみに2回アク抜きをすることで柑きつ特有の皮の苦味が取れるので、ここは手を抜かずにしっかりとやったほうが良いそうです。苦味が気になる方はここでもう一度水に30分ほどさらしてみましょう。

 皮の水分をよく絞ったら、鍋に皮、グラニュー糖、晩白柚ジャムを作った時に取っておいた果汁、水を加えて煮詰めていきます。砂糖が入って焦げやすいので小まめに様子を見ましょう。


ご当地めし晩白柚 お鍋に皮と果汁などを入れる

ご当地めし晩白柚 煮詰められたらバットなどで休める

ご当地めし晩白柚 皮はこんな感じになる

ご当地めし晩白柚 グラニュー糖をまぶせば

ご当地めし晩白柚 皮の砂糖漬け完成

 煮詰まったら鍋から取り出し、皮をバットなどに広げて粗熱が取ります。最後にグラニュー糖をまぶせば、皮の砂糖漬けが完成です。

 皮がりんごの砂糖煮の様な食感になっておいしいです。捨てられるはずの皮がこんなにおいしくなるなんて衝撃です……!

 12月から4月ごろまでが旬だという晩白柚、最近ではデパートだけでなくスーパーなどでも販売されています。

(Kikka)

関連キーワード

ご当地 | 風呂 | 香り | 料理 | くまモン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう