ニュース
» 2017年04月04日 17時00分 UPDATE

アドビが新フォント「源ノ明朝」を無償配布 日本語、簡体/繁体中国語、韓国語に7パターンの太さで完全対応

めちゃくちゃ使えそう。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 アドビ システムズ(以下アドビ)は4月4日、日本語、簡体/繁体中国語、韓国語に対応したオープンソース「源ノ明朝」をリリースしました。それぞれ7つのウェイト(太さ)で使用することが可能です。

アドビが新フォント「源ノ明朝」を無償配布 日本語、簡体/繁体中国語、韓国語に7パターンの太さで完全対応 アドビが新フォントを発表(画像は公式Webサイトより

 2014年にリリースされた「源ノ角ゴシック」と対となるよう、東アジア圏に住む15億人のニーズに応えるデザインを目指したとのこと。6万5535の字形は、各言語を尊重しつつ、共通化できる部分については積極的にデザインの一貫性を追求。「Source Serif」 に基づいてラテン、ギリシア、キリル文字にも対応しています。

アドビが新フォント「源ノ明朝」を無償配布 日本語、簡体/繁体中国語、韓国語に7パターンの太さで完全対応 7パターンの太さに対応

アドビが新フォント「源ノ明朝」を無償配布 日本語、簡体/繁体中国語、韓国語に7パターンの太さで完全対応 どの言語圏でも自然に使えるよう、国ごとに微妙な書き分けを行っている

 書体の開発にはアドビとGoogleが共同で取り組み、日本語はイワタ、中国語はChangzhou SinoType、韓国語はSandoll Communicationがパートナーとして参加。SandollのCEO・Geumho Seokさんは同フォントについて、「これは、複数言語を取り扱うデザイナーにとっては重要なリリースです。これらのフォントによって、Unicode でテキストを表示したときに『文字化けが発生しない(空白の四角形(□)が表示されない)』という目標が達成されます」とコメントしています。

 「源ノ明朝」はアドビのフォントライブラリーソフトTypekitと、GitHubで配信中です。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(前編)

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー