ニュース
» 2017年04月06日 07時00分 UPDATE

ジブリ美術館で新企画「食べるを描く。」開催 実物大の「サツキとメイの家の台所」「タイガーモス号のキッチン」も登場

思い出に残るジブリ作品の「食事シーン」に注目した新しい展示です。

[宮原れい,ねとらぼ]

 スタジオジブリの世界観を体験できる「三鷹の森ジブリ美術館」にて、作品中に出てくる“食事シーン”をピックアップした新企画展示「食べるを描く。」が開催されます。期間は2017年5月27日〜2018年5月までの予定。


三鷹の森 ジブリ美術館 食べるを描く 思い出されるさまざまな食事シーン (C) Studio Ghibli © Museo d'Arte Ghibli

 同展示では、「千と千尋の神隠し」で千尋がハクにもらった“おにぎり”を涙を流しながら食べるシーンや、「ハウルの動く城」の中でハウルが“ベーコンエッグ”を作ってソフィーたちと食べるシーンなど、それら食事シーンのために描かれた原画や絵コンテを紹介。

 他にも背景画などの制作資料を公開し、スタジオジブリ作品ならではの魅力的な“食事シーン”を表現するために用いられた工夫や作画の技術、作り手の意図などを解説します。

 さらには「となりのトトロ」の“サツキとメイの家の台所”に、「天空の城ラピュタ」の“タイガーモス号のキッチン”をなんと実物大で制作。作中でサツキやシータが調理していた世界をリアルに体験できます。

 ちなみに同美術館は2016年7月15日にリニューアル。現在は企画展示「猫バスにのって ジブリの森へ」(5月14日まで)が開催されています(関連記事)。


三鷹の森 ジブリ美術館 食べるを描く三鷹の森 ジブリ美術館 食べるを描く 「となりのトトロ」と「天空の城ラピュタ」のあのキッチンを体験……!(画像はAmazonより)

 また夏休みシーズンチケットの先行抽選販売を、5月25日からローソンチケットと電話にて受付開始。スケジュールは7月分が5月25日12時〜、8月分が6月25日12時〜開始となっていて、1回の申し込みでチケット6枚まで。

 価格は大人・大学生1000円、高校・中学生700円、小学生400円、幼児(4歳以上)100円。なおチケットは購入者の名前が印字される記名式で、入場時に転売チケットと判明した場合には、入場不可となります。



(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー