ニュース
» 2017年04月06日 08時00分 UPDATE

家庭用の“デジタル編み機”がクラウドファンディングで大人気 PCで作ったデザインを毛糸で形にできる

工業用編み機同様の製作が家庭でも可能に。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 デザインデータを元に、自動で編み物をしてくれるデジタル編み機「Kniterate」が、クラウドファンディングサイトのKickStarterで人気を集めています。服やマフラーはもちろん、靴まで編める優れもの。思い浮かべたアイデアを毛糸で形にできます。


Kniterate ミシンよりもだいぶ大きいですが、家庭でも十分運用できるサイズ

ジャンパー ジャンパーの作例。編み時間は8時間程度

靴 ゴムのソールと組み合わせて製作した編み靴。編み時間は2時間とのこと

セーター 服はパーツごとに編み上げ、あとから組み立て

 デザイン用のアプリは無料で提供。ブラウザ上で動くWeb版と、Windows・Mac両対応のスタンドアローン版が予定されています。イチからデザインしなくとも、あらかじめ用意されたテンプレートをアレンジするだけで製作可能。デザインを共有できるコミュニティーサイトもオープン予定で、いずれはプロの作品を自宅で生産するといった使い方もできそうです。


テンプレ 型枠のテンプレートを読み込み

デザイン 画像編集ツールで作ったデザインを適用

微調整 アプリ上のツールで模様を微調整

パターン 地の編み目模様も、アプリから選ぶだけで指定可能

製作開始 必要な色の毛糸と、デザインデータを入れたメモリーカードをセットしたら、あとは自動で編んでくれます

 同じことができる工業用編み機は既に存在しますが、巨大なうえに専門の技術者が必要で、コストも5万ドル以上なのだとか。しかしKniterateは4699ドル(約52万円)の支援で入手でき、家庭でも十分運用可能なサイズです。

 プロジェクトは開始早々、目標額の3倍近くに及ぶ約28万ドルの資金を集めており、2018年4月には製品が支援者へ送られる予定。なお、発送先はアメリカ、カナダ、イギリス、EUに限定されているので、興味を持ったかたはご確認を。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう