ニュース
» 2017年04月06日 17時47分 UPDATE

「太臓もて王サーガ」の大亜門、Webで4年ぶりの新連載! 漫画業界のうわさや疑問を探る

週刊ヤングジャンプで連載されていた「わたしはキャワワワ!!」以来の連載。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 「無敵鉄姫スピンちゃん」「太臓もて王サーガ」などの作品で知られる漫画家・大亜門さんの新連載「大亜門のドンときいてみよう!」(漫画:大亜門/構成・作画監修:Mi.)が4月12日、集英社のWebコミックサイト「ふんわりジャンプ」でスタートします。同サイトでは、4ページのプロローグ漫画が掲載中。

大亜門のドンときいてみよう! 久しぶりの連載が始まるドン! いったいどんな漫画ザウルス!? (C)大亜門・Mi./集英社

 週刊ヤングジャンプで連載中だった「わたしはキャワワワ!!」が、2013年にわずか3カ月で打ち切りになって以降、連載作品がなかったという大亜門さん。読み切りや同人誌で何とか生計を立てるも、子どもが生まれたこともあり、それも難しくなってしまいます。

太臓もて王サーガ 「太臓もて王サーガ」は1年9カ月で打ち切りに(Amazon.co.jpから)

 ついには、減り続ける妻の貯金と義父からの借金に妻が激怒する事態に発展。バイトしつつ、ブログ代わりになるかと、周りから提案されていた子育て漫画のネームをTwitterで公開していた大亜門さんですが、ある日、週刊ヤングジャンプの担当からふんわりジャンプを勧められます。運が向いてきた!

 新連載では、打ち合わせを重ねる中で、他の漫画家についての知識がないことに気付いた大亜門さんが、漫画業界のうわさや疑問を調べるため、業界人たちに話を聞く取材漫画になるそうです。取材漫画といえば、村田雄介さんがジャンプ作家にインタビューした「ヘタッピマンガ研究所R」や、少年ジャンプ+に掲載されているサクライタカシさんの「ジャンプの正しい作り方!」などがありますが、大亜門さんの漫画はどのような内容になるのでしょうか。得意のパロディーも飛び出すかも?

関連キーワード

漫画 | 集英社 | 漫画家 | 取材 | パロディ | 子育て | 同人誌


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:ティッシュ配りの面接に行ったら全身入れ墨の人がきて、「前科ついても大丈夫だから」→結果:<前編>


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー