ニュース
» 2017年04月08日 17時10分 UPDATE

漫画家・島本和彦、3分で描いたサーバルちゃんを「吉崎観音にかなわない」と自嘲

プロの犯行だった。

[五月アメボシ,ねとらぼ]

 「アオイホノオ」で知られる漫画家・島本和彦さんが、自分の子どもに頼まれて描いた新入生歓迎勧誘の立て札に「けものフレンズ」のサーバルちゃんを描いて「すごーい!」と話題になっています。


 同ツイートによると、このたて札は「3分で」と急に描かされたもので、ついでにサーバルちゃんも初描きしたとのこと。「自転車競技部」と大書きされた文字の右下でサーバルちゃんが「のるよ!」「はしるよ!」とアピールしています。かわいいー。

 島本さん的には十分納得のいくできではなかったようで、「頭部の立体感がまだ未熟…吉崎観音にかなわない(笑)」と、「けものフレンズ」のキャラクターデザインを担当した吉崎観音さんの名を挙げて自嘲ぎみにセルフリプライしています。

「けものフレンズ」サーバル 本家サーバルちゃん(画像は「けものフレンズ」公式サイトから)

 これに対しTwitterでは、「あなたはたて札3分で描けるフレンズなんだね!」という“フレンズ記法”での反応や、「やめろ吉崎! おれよりかわいいサーバルちゃんを描くんじゃねぇ!」と“島本記法”での反応が。その他、「贅沢な新入生勧誘看板」「持つべきは漫画家のお父さん」「3分かあ、プロの仕事だなあ」といった声もありました。


 なお、島本さんは最終回まで視聴した「けものフレンズ」を再度1話から見直すほどのファンで、「最終回まで見てもう一度1話から見直す…1話が心に染みる」ともツイートしています。

島本和彦Twitterアイコン 劇画調のサーバルちゃんという新ジャンル期待

五月アメボシ


関連キーワード

けものフレンズ | 漫画家 | かわいい


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

やまもとありさ×ねとらぼ: SNSマンガ家群像劇「アオイトリデ」


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー