ニュース
» 2017年04月09日 22時30分 UPDATE

朗報 iPhone 7 RED、火薬でふっ飛ばすと壊れる脆弱性は見つからず

小さい爆発なら巻き込まれても冷やせば使える。

[宮原れい,ねとらぼ]

 新しい赤いiPhone 7「(PRODUCT)RED Special Edition」を、大量の火薬の中に入れて火をつけても壊れないことが判明しました。実験動画がYouTubeで公開されています。これで普段の生活でも安心して使えるな〜(棒読み)。



 実験では25ポンド(約11キロ)もの火薬を用意。バケツに入ったその中にiPhone 7レッドを突っ込み、導火線に火をつけて一気に爆発させています。やり方が無茶すぎる……。


iPhone 7 Red 火薬 脆弱性 今回の犠牲:iPhone 7レッド

iPhone 7 Red 火薬 脆弱性 短すぎる導火線に火をつけて……

iPhone 7 Red 火薬 脆弱性 シュバーン!

 結果、プラスチックのバケツはヘナヘナに、きれいな赤色が特徴だったiPhone 7レッドは見るも無惨な真っ黒な姿に。そしてそのまますぐに問題の動作確認をしてみると、“iPhone 7 真っ黒”の画面には体温計アイコンと共に「使用する前に冷やす必要があります」の文字が。

 めったに見られない表示が現れたとはいえ、動作しているのは間違いないようです。iPhone 7レッドは赤い炎に負けない……!(※他のカラーも恐らく同様だと思われます)


iPhone 7 Red 火薬 脆弱性iPhone 7 Red 火薬 脆弱性 これはひどい……

iPhone 7 Red 火薬 脆弱性 爆発に巻き込まれたiPhone 7レッド「ちょっと熱いから冷やして」

 その後、クールダウンしたiPhone 7レッドが普通に動作しているのを確認し、焦げて黒くなった裏面もこすればとれることが判明。火薬での爆発に関しては脆弱性はなかったという実験結果が示されています。かといって爆発させることは当然危険なので、決してマネはしないようにしましょう。


iPhone 7 Red 火薬 脆弱性iPhone 7 Red 火薬 脆弱性 問題なく使用できるレベルの被害で済んだようです

(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう