ニュース
» 2017年04月10日 12時04分 UPDATE

総務省ら、マイナンバーの更新を求める虚偽のメールに注意喚起 フィッシング詐欺などの狙いか

運営団体であるJ-LISを装ったもの。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 マイナンバーの運営を行うJ-LIS(地方公共団体情報システム機構)を装う不審なメールが出回っていると、総務省らが注意喚起しています。マイナンバーの更新申請を求める虚偽の内容。


画像 総務省Webサイトより

 該当のメールは「マイナンバー:新年度更新手続きについて」というタイトル。更新申請に使用するという名目で、J-LISのWebサイトと偽わったURLが記載されています。同団体はこのようなメールを送信していないことを明らかにしており、何者かが個人情報を抜き取るフィッシング詐欺などの狙いで送っているものと見られます。

 総務省に加え、茨城県守谷市、東京都三鷹市は4月7日から、このメールへの注意を促す発表をWeb上に掲載。「リンク先にアクセスしたり、添付ファイルを開いたりしないように」などと呼びかけています。


画像 新年度の更新申請を求める虚偽の内容(J-LISのWebサイトより)

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー