ニュース
» 2017年04月11日 16時12分 UPDATE

Windows Vista、サポート終了 日本ではまだ約14万台が利用とトレンドマイクロが指摘、移行を推奨

10月10日にサポートが終わる「Office 2007」にも注意。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 本日4月11日、Windows Vista(以下「Vista」)の延長サポートが終了しました。今後は新たな脆弱性が発見されてもVista用のセキュリティ更新プログラムが提供されず、使用を継続する場合リスクを抱えることになります。


公式 ヘルプページでのマイクロソフト公式告知

 統計サービス「StatCounter」の最新調査結果によると、Windows全体におけるVistaのシェアは、全世界で1.07%、日本では2.62%。割合としてはわずかですが、トレンドマイクロの調査では、日本ではまだ約14万台のPCで利用されていることが判明しています。


ワールドワイド使用率 全世界における1年間のシェア推移(StatCounterより)

日本使用率 日本における1年間のシェア推移(StatCounterより)

日本使用台数 日本で稼働するVistaの数(トレンドマイクロの資料より)

 10月10日にサポートが終わる「Office 2007」も、50万台以上のPCで稼働しているとの調査結果も。同ソフトもVistaも、脆弱性情報が毎年発見されています。セキュリティの問題だけでなく、いずれはVistaがソフトやデバイスドライバーの動作対象外になる可能性も。同社はこうした状況を踏まえ、環境の更新を推奨しています。


Office Office 日本国内におけるOffice 2007の利用状況(トレンドマイクロの資料より)

脆弱性 IPA(情報処理推進機構)のデータに基づく、脆弱性対策情報公表件数の推移(トレンドマイクロの資料より)

 なお、Windows 7は2020年1月14日、Windows8/8.1は2023年1月10日、Windows 10は2025年10月14日に延長サポートが終了する予定です。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!