ニュース
» 2017年04月13日 19時40分 UPDATE

コスプレしたまま遊べるぞ! ジャンプ初の“公式”コスプレ施設が4月21日オープン

手ぶらでいっても大丈夫。

[深戸進路,ねとらぼ]

 集英社「週刊少年ジャンプ」初の公式コスプレ施設「J-COS!」が、同誌をテーマにした東京・池袋の室内型テーマパーク「J-WORLD TOKYO」内に4月21日オープンします。

J-COS! この地球は自由の星ネ

 公式をうたうだけあって、完成度の高いコスチュームや小道具、ウィッグ、メーク道具を完備し、手ぶらで行っても本格的なコスプレが楽しめる同施設。コスチューム姿のままテーマパーク内で食事やアトラクションを楽しむことも可能です。

J-COS!J-COS!
J-COS!J-COS!

 オープン時には、「ONE PIECE」「ドラゴンボール」「NARUTO-ナルト-」「銀魂」のジャンプ看板4作品13キャラクターのコスチュームを用意。訪日観光を楽しむ外国人の利用も視野に入れ、外国語の利用説明書なども用意されます。これが日本だ。

 利用料金は、好きなキャラのコスチューム1着とウィッグをレンタルできる「ベーシックコース」が3500円(税込)、同プランに小道具のレンタルが加わった「スペシャルコース」が4500円(税込)で、それぞれ時間は90分間。オプションとしてスタッフによる写真撮影(税込2000円)も用意されています。

J-COS!

(C) 尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション (C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション (C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ (C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

東大ラノベ作家の悲劇――新小岩で笑っている自殺警備員をみたら、十五歳で立ちんぼをしていた首が“自主規制”な新宿の少女を思い出した:<後編>


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!