ニュース
» 2017年04月13日 20時56分 UPDATE

「Yahoo!翻訳」が6月に終了 「役目を終えたと考えたため」

「機械翻訳利用のすそ野を広げること」を目指して立ち上げたとのこと。

[ねとらぼ]

 ヤフーは4月13日、Yahoo! JAPANで提供する機械翻訳サービス「Yahoo!翻訳」を6月29日で終了すると発表しました。理由については、「機械翻訳利用のすそ野を広げること」を目指す上でその役目を終えたと考えたため、と説明しています。

Yahoo!翻訳 終了 「Yahoo!翻訳」サイト画面

 「Yahoo!翻訳」は2005年に開始。入力テキストを指定の言語に翻訳してくれる「テキスト翻訳」と、入力したURLのWebサイトをテキスト部分だけ翻訳して表示する「ウェブ翻訳」を提供していました。対応は、日・英・中・韓・仏・独・西・葡・伊の9カ国語。翻訳結果で原文の語句にマウスポインタを合わせると、訳文の該当部分が色が変わって表示される「対訳ハイライト」機能などもありました。

Yahoo!翻訳 終了 テキストボックスに翻訳したい文章を入れてボタンをクリックすると、指定した言語に機械翻訳してくれる

Yahoo!翻訳 終了 該当部分を色を変えて表示する「対訳ハイライト」機能

 終了についてヤフーは、翻訳サービスがこの10年余りでどんどん進化を遂げ、より自然な言葉に機械翻訳するサービスや、通信を利用して対面で翻訳するサービスなどが登場したことを説明。これを「翻訳サービスの理想的な進化」だとした上で、「機械翻訳利用のすそ野を広げることを目指してきた『Yahoo!翻訳』は、その役目を終えたと考え、サービスを終了させることにいたしました」と理由を述べています。

 Yahoo!翻訳に代わるサービスは特に予定していないようで、「ご利用可能な他社サービスをご紹介しておりますのでご参考になさってください」と、Google翻訳、Weblio翻訳、エキサイト翻訳、Infoseekマルチ翻訳、Bing翻訳、So-net翻訳を紹介しています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう