ニュース
» 2017年04月17日 18時41分 UPDATE

DeNAとヤマト運輸が「ロボネコヤマト」の実用実験開始 2018年には自動運転の導入を予定

未来の受取方法。

[ねとらぼ]

 ディー・エヌ・エーとヤマト運輸は、神奈川県藤沢市の鵠沼海岸、辻堂東海岸、本鵠沼の各エリアで「ロボネコヤマト」の実用実験を開始します。期間は4月17日から2018年3月31日まで。

 車内に保管ボックスを設置した専用EV車両を使用。届ける時間帯を10分刻みで指定可能で、希望する場所で受取可能なオンデマンド配送サービス「ロボネコデリバリー」と、地元商店からネット上で一括購入し、運んでもらうことができる「ロボネコストア」の2つのサービスを開始します。


ヤマト やまとヤマト やまと

 ドライバーは荷物の発送・受取に関与せず、利用者自身が荷物を車両から取り出すもので、スマートフォン、PCなどから利用可能。ロボネコデリバリーの料金は無料。ロボネコストアの利用料金は注文総額3000円以上で無料、3000円未満で324円(税込)です。

 このサービスは原則としてドライバーによる有人運転を行いますが、将来の自動運転社会を想定したもので、2018年をめどに一部配送区間における自動運転の導入を予定しているそうです。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう