ニュース
» 2017年04月17日 19時48分 UPDATE

NTTが世界初「浮遊球体ドローンディスプレイ」開発 球体が空を飛び全方向に映像を映せる未来的ドローン

「会場を飛び回り広告を提示するアドバルーンのような広告媒体としての活用が可能」とのこと。

[コンタケ,ねとらぼ]

 NTTドコモは、世界初(2017年4月16日時点・ドコモ調べ)の全方位に映像を表示しながら飛行ができる「浮遊球体ドローンディスプレイ」を開発したと発表しました。回転するLEDの光の残像でできた球体ディスプレイを、内部のドローンで任意の場所に動かして見せられます。


NTT 浮遊球体ドローンディスプレイ ニコニコ超会議 浮遊球体ドローンディスプレイ


NTT 浮遊球体ドローンディスプレイ ニコニコ超会議 動作時


NTT 浮遊球体ドローンディスプレイ ニコニコ超会議 作動しながら飛ばしている所

 使い方としては、コンサートやライブ会場で空中を動き回る球体ディスプレイによる演出や、会場を飛び回り広告を提示するアドバルーンのような広告媒体としての活用を想定しているとのこと。従来はドローンの機体に球形のディスプレイを備え付ける空気の流れをディスプレイがさまたげてしまったり、重量の増加といった課題がありましたが、LEDの残像によってディスプレイを表示する技術の応用により空中で球形ディスプレイを活用した演出が可能となりました。

 今後、2018年度の商用化をめざし、スタジアムやコンサートホールなどのイベント会場向けソリューション(舞台演出や広告・案内等)としての提供を検討しているとのこと。また、4月29日から幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議」で会場内のデモ飛行を予定しています。

 「浮遊球体ドローンディスプレイ」の最大直径は約88センチ、重量3.4キロ、縦(半周)144ピクセル × 横(全周)136ピクセル。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー