ニュース
» 2017年04月18日 16時04分 UPDATE

殺人事件の容疑者が犯行現場の動画を投稿 Facebookが対応を改善するとコメント

恐ろしい事件に対し、Facebookの対応は?

[エンジン,ねとらぼ]

 殺人事件の容疑者とされる人物が犯行現場の様子を撮影してFacebookに投稿したことについて、Facebookは4月17日に「とても恐ろしい行いであり、Facebookでこのようなことは起きてはならない」と声明を出しました。


殺人配信 事件に関するFacebookの発表全文

 事件は16日にオハイオ州クリーブランドで発生。容疑者はFacebookに殺人予告動画をアップロードし、その後高齢の男性を射殺する動画を投稿。さらに犯行を告白するライブ配信を行いました。

 Facebookが最初に通報を受けたのは犯行動画が投稿されたあとの午前0時59分、その23分後に容疑者のアカウント停止処置を行いました。Facebookは改善の必要があると述べています。


殺人配信 事件直後の時間経過

 Facebookは、安全な環境にするための新技術を常に模索し、通報のレビュープロセス改善にも取り組んでいると説明。「深刻な影響のある通報を優先させ、レビューが迅速に行われるようにする」とコメントしています。

 容疑者はいまだ逮捕されておらず、警察はその行方を捜索中です。


4月19日11時追記

 ペンシルベニア州警察は現地時間の18日、エリー郡で容疑者の遺体を発見したと報告。オハイオ州で殺害したあとその足で約160キロ離れたエリーのロジャー・ヤング公園まで逃走し、自ら銃で自殺したものと見られている。追跡した警察が発見した。

エンジン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう