ニュース
» 2017年04月20日 11時20分 UPDATE

干潟の平和は守られた! 漫画「ガタガール」が嘆願1万RT達成で復活掲載決定!!

おめでとう!!

[五月アメボシ,ねとらぼ]

 連載打ち切りとなった漫画「ガタガール」をめぐる連載復活運動(通称、ガタガール保全運動)が、出版社側から提示された“復活嘆願1万リツイート”の条件を見事達成し、復活掲載が決定しました(関連記事)。


ガタガールガタガール

 同作は、「干潟」をテーマに2016年5月号から「月刊少年シリウス」(講談社)で連載開始したもの。干潟の話題になるとテンションが上がる、「ガタガール(干潟系女子)」な中学生ヒロインのウザカワイさが人気を集めていましたが、2017年4月号で惜しくも連載終了となりました。

 その後、作者の小原ヨシツグさんは、連載継続Twitter上で嘆願。漫画ファンやマニアックな生物好きに支持され「ガタガール保全運動」が自然発生していました。


 さらに、同作品のファンだった電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」のコミック担当者が出版社の壁を越え講談社に直訴。「月刊少年シリウス」編集長から「BOOK☆WALKERのキャンペーンツイートが1万リツイートに到達したら、シリウス本誌に『ガタガール』の特別編を復活掲載する」という約束を取り付け、1万リツイートキャンペーンを展開していました。


 4月20日までと期限が区切られる中、緩やかなRTの伸びを見せ、一時は達成も危ぶまれましたが、ラストになって怒濤(どとう)のスパートを見せ、19日夜に見事1万リツイートを達成。BOOK☆WALKER公式アカウントは、「10000RT行きました! RTしてくださった皆様、拡散してくださった皆様、ありがとうございます!」と報告しています。

 一方、小原さんも、「皆様!一万RT到達しました! 本当にありがとうございます!! 読み切りでガタガール復活出来ます! ハードル爆上がりで小便ちびりそうですが頑張ります!」と感謝のツイート。よかった……本当によかった……。干潟の平和は守られた。


五月アメボシ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(前編)

やまもとありさ×ねとらぼ: SNSマンガ家群像劇「アオイトリデ」


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー