ニュース
» 2017年04月20日 17時00分 UPDATE

段ボールで再現した「ピザポテト」がリアルでおいしそう

内側のギザギザ部分で「ピザポテト」の形状を再現してしまう発想力。販売休止なら自分で作ればいいじゃない。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 じゃがいも不足から販売休止になり、ネット上に悲しみの声が広がっている「ピザポテト」(関連記事)。それを段ボールで再現してしまった猛者が、Twitter上で話題になっています。


ピザポテト !?


ピザポテト 本物の「ピザポテト」そっくり(画像はカルビーのWebサイトより)

 パッケージから、中のポテトチップまで段ボールを使って、そっくりに再現したもの。「ピザポテト」の表現には、段ボールの内側部分を利用しています。なるほど、こうすれば同商品のギザギザした形状が作れるのか。こうやって改めて見てみると、段ボールっておいしそうだなあ(混乱)。

 この段ボール製「ピザポテト」に、Twitter上では「ちゃんとギザギザだ!」「悲しいほど、よくできている」といったコメントが。あまりの出来の良さに驚く声もありますが、つい同商品のことを思い出して、切ない気持ちになってしまう人も現れているようです。食べられないのが、残念……。

 ちなみに、投稿した大野萌菜美さんは、段ボールを使った作品をいくつも手掛けているアーティスト。このほかにも、戦車や「ウルトラ怪獣」などを制作し、ネット上で公開しています。


ピザポテト 大野萌菜美さんのInstagramアカウント

ツイート提供:大野萌菜美@ダンボールさん(@mbrid02

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう