ニュース
» 2017年04月20日 20時55分 UPDATE

リドリー・スコット監督の新作「エイリアン:コヴェナント」がVR化へ VR映像制作部門の設立を発表

リドリー・スコット監督のRSA Filmsに新たな部門「RSA VR」が設立されました。

[宮原れい,ねとらぼ]

 リドリー・スコット監督の映画制作会社RSA Filmsが、新たにVR映像制作のための部門「RSA VR」の設立を発表。さらに最初のプロジェクトとして映画「エイリアン:コヴェナント」をVR化する計画も明らかになりました。


エイリアン:コヴェナント RSA VR リドリー・スコット 映画「エイリアン:コヴェナント」のビジュアルイメージ

 「エイリアン:コヴェナント」は5月19日に全米公開予定のリドリー・スコット監督の最新作。「プロメテウス」の続編で、日本では9月に公開される予定です。

 同部門の責任者は、映画「オデッセイ(原題:The Martian)」のVR化作品「The Martian: VR Experience」を手掛けたジェン・デニス氏が務め、制作には20世紀フォックスの「FoxNext」とテクニカラーの「ムービング・ピクチャー・カンパニー(MPC)」も協力するとのこと。


エイリアン:コヴェナント RSA VR リドリー・スコット 「The Martian: VR Experience」のイメージ


 RSA Films社長のジュールス・デイリー氏は、同社が以前より数年間もの間VRに深く関わってきたことを強調。専用部門を作ることでブランドとコンテンツ両方の面で取り組めるようになると意義を述べ、またチームにはVRに関して才能のあるメンバーが含まれているとしています。

 また責任者となったジェン・デニス氏は「VR部門を率いることに興奮している」と述べ、VRコンテンツの作成や配布、販売チームの構築などのすべてを楽しんでいることを語っています。



 VR版「エイリアン:コヴェナント」はデイビット・カルラック氏が監督し、エグゼクティブ・プロデューサーとしてリドリー・スコット氏とジェン・デニス氏が参加する形で制作されます。

(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー