インタビュー
» 2017年04月25日 12時00分 UPDATE

「報道ステーション」配信は快挙―― 藤田社長に聞く、AbemaTV1周年の手応えと最近の取り組み (1/2)

AbemaTVを支えるアニメチャンネルの担当者にも話を聞いています。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 “全て無料のインターネットテレビ局”をうたう映像配信サービス「AbemaTV」が4月11日、本開局から1周年を迎えました。

 サイバーエージェントとテレビ朝日が共同設立した株式会社AbemaTVにより、2016年4月に正式開局。無料かつ登録不要で見られる手軽さや、旬の芸能人を起用した番組作りなどで若者を中心に話題となり、2017年3月15日には1500万ダウンロードを突破。「将棋」や「サッカー」など、ポテンシャルが見込める新チャンネルを次々と開設し、4月10日には「報道ステーション」の配信もスタートさせました。

 ねとらぼでは、1周年を迎えたこのタイミングで藤田晋代表取締役社長にインタビューを実施。1年を振り返っていただくとともに、最近の取り組みや、今後の展望について伺いました。また後半では、アニメチャンネル担当者2人へのインタビューも掲載しています。

AbemaTV 藤田晋代表取締役社長とアニメチャンネルの2人 左から編成制作局の水谷誠也さん、椛嶋麻菜美さん、藤田晋代表取締役社長

1周年を迎えて

―― 1周年おめでとうございます。まずは、率直な感想をお聞かせてください。

藤田 ありがとうございます。こういうサービスは継続性が大事で、積み上げていかなければなりません。開局してからは、ずっと右肩上がりで伸びてきているので順調と言っていいんじゃないでしょうか。

―― これまでにも「視聴習慣」の重要性を繰り返し口にされていましたが、この1年で手応えは感じられましたか?

藤田 積み上げの部分ですね。見たい番組があれば、その瞬間は視聴率がグンと上がるんですけど、番組が終われば視聴者は解散してしまう。それだと意味がないので、常に見たい番組がAbemaTVにあるという状態を作らなければなりません。いまは、番組の編成も週や季節ごとなどでパターン化できていますし、視聴習慣は作れていると考えています。

―― 2017年に入ってからも、「HIPHOP」や「サッカー」「将棋」など、パワーのある新チャンネルを続々と開設していますね。

藤田 将棋は、もともとニコニコ生放送が作ったファン層があったので、非常に立ち上がりがスムーズでしたね。それ故にニコ生への申し訳なさもあります。

―― 4月10日には有料プラン(プレミアムプラン/月額960円)に「Abemaビデオ」が追加されました。現在は広告収入がメインだと思いますが、有料会員の数も着実に伸びているのでしょうか。

藤田 収益化自体はいまはあまり意識していないです。広告は結構引き合いが強いですが、有料プランの方は存在自体アピールしてこなかったのでまだ全然。でもそれなりに登録者数は増えていっています。市場規模的には100万会員とか、それぐらいの数字は目指せると思っています。

 Abemaビデオをこの時期にリリースしたのは、これまでコンテンツが蓄積されておらず、スカスカだったから。その状態でNetflixやAmazonプライム・ビデオなどと比較されても困ってしまうので。

AbemaTV 藤田晋代表取締役社長

「報道ステーション」の配信は信頼の証、象徴的な番組ができた

―― 先日には新たな取り組みとして、「報道ステーション」の配信も始まりました。

藤田 報道ステーションは、ニュース番組の中でもクオリティーが高いものだと思っています。それがAbemaTVで流れるということは、メディアとしての信頼性の高まり、流しても大丈夫な場所になったということを意味します。

 1年前に報道ステーションを流してくれと言ったら、とてもじゃないけど、皆ぞっとしたと思いますよ。それが1年たって、テレビ放送のディレイとはいえ流れたということは快挙と言っていい。そういう意味では象徴的な番組ができたかな。いずれは同時配信できるといいですね。

―― 信頼という言葉が出ましたが、その結果として番組の配信契約もしやすくなったりしているのでしょうか。

藤田 そうですね。当初は、AbemaTVがどのようなサービスか皆さん分かっていなかったと思うんです。例えば、ミュージックフェスの生放送を企画しても、アーティストが嫌がって断られたりということも多かった。それが、いまではほとんどの方がAbemaTVならいいと言ってくれます。テレビを見ていない若年層が集まっているということで、そこに対してアピールしたい芸能人やミュージシャンが率先して出たいと言ってくれるようになってきました。

AbemaTV 藤田晋代表取締役社長

―― AbemaTVの後追いとなるサービスが登場することは想定していたりするのでしょうか。

藤田 結局、先行投資事業なので、なかなかマネするところもいないんです。まず、コンテンツを調達できなくちゃいけないし、自分たちでも作れなきゃいけない。それに技術的にも優れたサービスを開発しなければいけないですし、それにはやっぱりネット企業でそれなり力がある企業である必要がある。さらにそれを運用し、かつ赤字を大きく許容できなければいけないわけです。

 調べてみたのですが、同種のサービスではAbemaTVがダントツでアクセス数が多い。逆に言うと、1年で一番多くなってしまうぐらいにまだ市場が育っていないんです。

 昔から音楽や映画といったコンテンツを提供したいという思いがあったんですけど、ここにきてスマートフォンやWi-Fiが普及してきたりと、一気にチャンスが広がった。ただ、インターネットで違和感なく動画を見るようになったのは割と最近のことなので、これから先はフロンティアのように開拓していかなければと考えています。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:私は“奇跡”をタイプした――それが本当の地獄の始まりだと誰が気付くだろう?


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー