ニュース
» 2017年04月21日 16時30分 UPDATE

枚方市のペット霊園が突如閉鎖で物議 山積みの遺骨や墓標に利用者から悲痛な声「自然葬の子はどこへ……」

大阪府枚方市のペット霊園「宝塔」。現在電話も通じない状態です。

[イッコウ,ねとらぼ]

 突如閉鎖になったペット霊園に掘り返された骨や墓標らしき残骸が捨てられていたとして、大阪府枚方市のペット霊園「宝塔」に批判が集まっています。Twitterに投稿された画像には「1月末で閉園しました」「整地の後、地権者にお返しします」「H29.4月より工事に入ります」などと書かれた張り紙や、山積みになった骨などが写されていました。

 霊園の中には利用者が書いたとみられる「自然葬の子達はどこへ行ったのか教えて下さい」「燃えた山の横に遺骨の山があります」などのメッセージも残されていました。宝塔のサイトは現在も閲覧可能ですが、ここでは閉園についてのアナウンスはなく、問い合わせ先として記載されている電話番号も通じない状態になっています。ツイートの投稿者はこれらのことを踏まえ「恐らく多くの利用者に知らされていない。霊園に入れる事を何だと思ってるのだろう?」と語っています。


ペット 残されていた張り紙

ペット 悲痛なメッセージも

 宝塔は創業20周年を超えるペット霊園。一般葬(火葬・納骨)が1万円から4万円、自然葬(埋葬)が1万円から3万円ほどの一般的な料金となっており、ペット葬儀社検索サイト「ペット葬儀マップ」へ過去に寄せられた口コミでは「料金以上の事をしてくださり感謝しかありません」「私は宝塔にお願いして良かったです」などの声が見られました。

 ペット霊園の設置は各自治体の条例によって「申請者が所有する土地であること」(神奈川県相模原市)などの規制が設けられる場合がありますが、枚方市環境総務課によると、枚方市にはペット霊園の許可を所管する部署がなく、他の法令に触れない限りは設置について専属する手続きは不要になっていたとのこと。また、宝塔の閉鎖にあたって廃棄物(※)が出たという相談はなく、愛玩動物担当や通常の墓地を担当する部署にも相談はなかったそうです。

※廃棄物のカテゴリーにペットの死骸は該当しない。

 元となったツイートは1万6000RTを突破し広く拡散。投稿者は「突然の閉鎖で利用者が戸惑っていました。ネットやメディアで声を上げる人が見つからなかったので(問題提起のために)Twitterを使いました」と語っています。


ペット

ペット

画像提供:蜂蜜禰悶(@hgd2525)さん

関連キーワード

ペット | お墓 | 閉鎖 | Twitter | 葬儀


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!