ニュース
» 2017年04月22日 08時00分 UPDATE

「グラサン大仏」すっげー! 桜とグラサン奇跡のコラボで大仏が帝王っぽくなる

踏切警報機GJ。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 まるでサングラスをかけているように見える「グラサン大仏」の写真がTwitterで話題となっています。

 写真が撮られたのはちょうど桜が満開だった頃。やさしそうな大仏様が桜の上から顔を出しています。頭部だけが見えていると、ちょっと怖い。

桜の上の大仏様 やさしいお顔です

 さらにそこに踏切の警報機が都合よく配置。警報機が目の上に来るアングルで写真を撮ると、まるで大仏様がサングラスをかけているかのよう。モダンジャズの帝王「マイルス・デイビス」や松方弘樹っぽいというコメントもあり、大仏なのにこの帝王感。バーボンとか飲んでそうです。

警報機が目の上に 完全にグラサンです

警報機が消えている 西部警察っぽくもある

 この大仏は愛知県江南市にある布袋の大仏。なんと、この大仏は個人所有のもので、鍼灸医をしていた人が夢でお告げを受け、自力で作ったものだそうです。高さ18メートルで奈良の大仏より大きく、大仏の背中側には治療院が合体するという個性的なお姿をしているそうです。

画像 名鉄犬山線をやさしく見守ってくれてます。首が浮いているようにも見えますが

 写真を撮ったのは豊川のおぐりん(@Kiha85Nanki)さん。数カ月後には新緑のグラサン大仏も見られるそうですよ。

画像提供:豊川のおぐりんさん

高橋ホイコ

関連キーワード

写真 | サングラス


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう