ニュース
» 2017年04月24日 12時30分 UPDATE

スイスの「レーティッシュ鉄道」の制服をモチーフにした萌えキャラマスコット 夢を叶えた“スイス大使”に経緯を聞いた

地元ファンからも好意的な反応があるそうです。※追記修正あり

[イッコウ,ねとらぼ]

 世界遺産にも登録されたスイス最大級の私鉄「レーティッシュ鉄道」の制服をモチーフにした日本制作の萌えキャラが誕生しました。「ジャパ二マンガ・ナイト」というイベント限定でフィギュアボードが設置されるそうです。このマスコット採用には、Twitterで「スイス大使」として知られるスイス公務員・ラユン(@rayunch)さんが大きく関わっていました。

 長く伸びた髪や桜をモチーフにした髪飾りが特徴的なこのマスコットの名前は「のぞみ」。デザインしたのは俵太(@Nekogamirin_c)さんで、服装はレーティッシュ鉄道の制服をモチーフにしているそうです。一体どういう経緯で「のぞみ」のマスコット化が決まったのでしょうか。ラユンさんに話を聞いてみました。


のぞみ かわいい

 ラユンさんは、2月、2010年から運行している箱根登山鉄道ロゴデザインの機関車を同イベント中に走らせたいと提案するためにレーティッシュ鉄道を訪れました。会議が終わりかけた頃、以前にデザインした「のぞみ」を担当者に見せ「レーティッシュ鉄道の制服をモチーフにした特別版を制作し、正式なレーティッシュ鉄道のマスコットにしてはどうか」と提案しました。その時の心境を“冗談を言っていると思われた”と感じたそうですが、担当者は笑顔をみせながら「マネジメントに君のアイデアを聞いてみてあげる」と回答。後日、「レーティッシュ鉄道の皆が君のアイデアに大賛成です。マスコットを是非作りましょう! 私達の“のぞみ”をどのように仕立てたら良いのか、君のアイデアを聞かせてください」とメールが来たそうです。ラユンさんはスイス連邦鉄道の元従業員だったこともあり、「経験があるから、交渉は困難ではなかった」と語っています(※結局正式なマスコット採用ではなく、イベント限定のキャラクターなります)。

 ラユンさんはその後、「のぞみ」のマスコット化に向けて俵太さんにコンタクト。できることならレーティッシュ鉄道といえばと思い出してもらえるようなマスコットになることを念頭に起きながら、“生き生きとして、魅力のある笑顔で乗客を歓迎する車掌にしたい”と考えて進めていきました。レーティッシュ鉄道の制服の色、ネクタイ、車掌カバンなど、レーティッシュ鉄道らしさが盛り込まれています。ラユンさんと俵太さんは、ファミリーレストランで細かい部分の話を進めていったそうです。


のぞみのぞみ 制服を元にデザインを進めます

 2週間後、最初のサンプルをレーティッシュ鉄道に送り、レーティッシュ鉄道はすぐにそれを承認。ラユンさんの夢が実現した瞬間でした。

 現在、印刷会社に3つの等身大「のぞみ」のプリントを依頼中。「のぞみ」のマスコット採用は、イベントの告知などでもアナウンスされ、地元ファンからも好意的なコメントを集めているそうです。

 ラユンさんは「のぞみ」の次のステップとして「日本人観光客が多く利用する他の鉄道や公共交通機関に紹介する事」「箱根登山鉄道が『のぞみ』を採用する可能性は少ないかもしれませんが、近々、提案してみようと思っています」と語ります。また「イベント終了後も再度(キャラクターを活かせる)イベントの可能性を話し合いたい」とのこと。近い将来、スイスにも「鉄道むすめ」が誕生するかも?

4月28日追記

 当初記事では「レーティッシュ鉄道」で日本制作の萌えキャラがマスコットとして正式採用されたとしていましたが、正しくは5月26日から28日に開催される「ジャパニマンガ・ナイト」というイベント限定であり、公式キャラクターではないことが分かり追記修正いたしました。

 レーティッシュ鉄道は自社の制服で使用しているタイやバッジをイメージとして使用することを承認しただけとのこと。当日はイベントが開催されるダヴォスとランドクアルトにセルフィー用のフィギュアボードが設置されます。

 なお、箱根登山鉄道とレーティッシュ鉄道の歴史についてはスイス政府観光局の「姉妹鉄道提携35周年」のページに詳しい。

画像提供:ラユン(@rayunch)さん

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー