ニュース
» 2017年04月25日 10時00分 UPDATE

盆栽風の鉄道ジオラマが並ぶ「盆ラマ展」がワビとかサビに楽しさをプラス

木々の中を鉄道模型が走る! 4月26日から大宮の高島屋で開催。

[平原健士/LOCOMO&COMO,ITmedia]

 皆さんは、「盆栽」と聞くとどんなイメージを思い浮かべるでしょうか? 渋い趣味だと思う方が多いのではないでしょうか。

 今回ご紹介するのは、同じ盆栽風の形をしていながらも、植木ではなく「鉄道」がメインの盆栽風の鉄道ジオラマ、その名も「盆ラマ」です。製作しているのは、京都市左京区の鉄道ジオラマ製作工房「鉄道少年舎」の川上哲生さん。丁寧につくられる作品の数々は高い評価を受けており、ジオラマ界の新分野のパイオニアとして注目を集めています。


盆ラマ

 大宮の高島屋で4月26日から開催される「盆ラマ展」では、川上さんの作品が見れるだけではなく、購入することもできます。


盆ラマ

 4月29日と4月30日には、「盆ラマ」の製作体験ワークショップを開催。川上さんに直接教えてもらいながら、ミニサイズの盆ラマを作ることができます(要予約)。

 また、会場には大宮の街をモチーフにした、「ご当地盆ラマ」も登場。川上さんが、大宮の街をイメージして製作したオリジナル盆ラマが展示されます。皆さんも、会場で「盆ラマ」の深い魅力に浸ってみてはいかがでしょうか?

盆ラマ展

日程:2017年4月26日〜5月2日

時間:10時〜19時

会場:大宮高島屋1階正面ホール

入場:無料


(平原健士/LOCOMO&COMO)

関連キーワード

ご当地 | 趣味 | 鉄道


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー