ニュース
» 2017年04月25日 16時00分 UPDATE

だからアルハラはダメ! 「酒が飲める人」「飲めない人」の違いを描いたイメージ図が分かりやすいと評判に

イラストで分かる「酔い」の怖さ。

[エンジン,ねとらぼ]

 お酒が飲める人とそうでない人の明確な違いについて描かれたイメージ図が注目を集めています。話題になった秋沢由史(@akisawayusi)さんのつぶやきは既に2万9000回以上リツイートされています。



 画像では、人間の身体を「ろうと」に例えています。下部の筒を通して下に流れ落ちていくことによりお酒が無毒化され、逆に上部へたまることによって酔った状態になりますが、お酒が飲める人の場合、このろうとの水の流れが良く、飲んでもどんどん下に落ちていって無毒化されるため、よほどペースを早めない限りは上部に蓄積されません。


酒とろうと 「飲める人ろうと」はお酒が下に流れやすい

 ところが、お酒が飲めない人の場合は水の流れが悪いため、下に落ちていくスピードが非常に遅くなっています。少量の弱いお酒でも上部にたまりやすくなり、酔いやすいのです。そして、そのような人に対して無理に飲ませたりするとろうとから溢れ出してしまい、嘔吐を伴う泥酔状態、そして最悪の場合急性アルコール中毒によって命を落とすことも。


酒とろうと 対して「飲めない人ろうと」はなかなか流れていかない

 ビジュアル的に分かりやすい「酔い」の個人差に対し、ネット上では「まさにその通り」「お酒を無理に勧めるのはやめよう」「これをアルハラする企業に配ればいい」と、さまざまな反応が見られました。


酒とろうと なお、このイメージ図を描いた秋沢さんは、かわいらしいネコキャラ「白猫さん」やキモかわキャラ「まもりゅん」のLINEスタンプを作成しています。こちらもご覧あれ。

画像提供:秋沢由史(@akisawayusi)さん


エンジン


関連キーワード

Twitter


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(前編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー