ニュース
» 2017年04月25日 17時00分 UPDATE

おま、本当に哺乳類!? ハダカデバネズミは無酸素状態でも18分間生き続けることが判明

米イリノイ大の教授らが発表しました。

[鈴木なとせ,ねとらぼ]

 4月20日に科学誌「Science」に掲載された論文で、ハダカデバネズミは酸欠状態でも体内の果糖をエネルギーに変換して生きのびることが明らかになりました

画像 サイエンス誌のサイトより

 米シカゴにあるイリノイ大のトーマス・J・パーク生物学教授らが発表した論文によると、無酸素状態におかれたハダカデバネズミは呼吸をやめ、体内の果糖からエネルギーを合成してしばらく生命維持をすることが可能とのこと。

画像 無酸素状態でエネルギーを作り出す植物の光合成のようなことをして生きのびる

 ハダカデバネズミは空気の出入りが乏しい地面の下に暮らしているため、二酸化炭素濃度10%以上という人間なら死に至ってしまう過酷な環境におかれることもしばしば。

 そんなときでも心拍数をだんだんと減らし、呼吸を停止することで耐え、その後再び酸素濃度が上昇してくれば通常通りの活動ができるように適応していったと考えられています。

画像 酸素がなくても耐えられるフレンズなんだね!

関連キーワード

酸素 | 科学 | イリノイ大学 | 科学誌 | 論文


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー