ニュース
» 2017年04月26日 06時00分 UPDATE

遠藤憲一、役作りの姿勢が常人の理解を超えるレベルに 「小さくなってみたい」「職質されちゃった」

エンケン、木になるってよ。

[深戸進路,ねとらぼ]

 5月12日公開のマーベルスタジオ最新作「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」。同作に登場するベビー・グルートの日本語吹き替えを担当する俳優・遠藤憲一さんが、役作りなどについて語った“クレイジー&カワイイ”が全開のインタビュー動画が公開されました。エンケンさん、なにやってんすか。

遠藤憲一 ベビー・グルート 子ども心を学ぼうとしたら職質されちゃった遠藤さん(画像は以下YouTube「遠藤憲一さんがベビー・グルートに“なり木る”?! 」から)

 2014年公開の前作に引き続きベビー・グルート役を演じる遠藤さん(関連記事)。「生半可な役作りじゃダメ」と、情熱あふれる役作りの実情を明かしています。信じるか信じないかはあなた次第です。

遠藤憲一 ベビー・グルート 小さくなろうとして失敗した遠藤さん

 同作で25センチの挿し木サイズにまで小さくなったベビー・グルートの気持ちを知るために、「小さくなってみたい」と思い立ったという遠藤さん。狭いところになるべく入るよう心掛けたそうですが、「俺、182センチあるんですよ」とあえなく失敗に終わったことを淡々と告白。そりゃそうなるよね!

 また、童心を学ぼうとした遠藤さんは、公園のベンチに座り子どもたちをじっと観察する“事案”の香り漂う役作りに取り組んだそう。案の定、「3時間くらいでお巡りさんに職質されちゃってたんすけど」と笑い飛ばしていますが、その表情は真剣そのもので狂気すらにじんでいます。

遠藤憲一 ベビー・グルート ベビー・グルートになりきる遠藤さん

 役への入り込み方を聞かれると、「コイツ見てればなれますね」と手元にあったベビー・グルートの人形を鋭い眼光で見つめて完全にフリーズ。次の場面では、木のポーズで立ち尽くし「これでもう入ってますね」と一言つぶやくプロの流儀(?)を見せています。この人ずっと何言ってんだろう。

 最後は、ベビー・グルートの本編映像に合わせて遠藤さんが躍動する“カワイイおじさん”にキュンとくるシーンも収められており一安心。ラストのニッコリ笑顔は最高の一言です。それにしても、このインタビューなんだったんだ……?

遠藤憲一 ベビー・グルート いい笑顔

(c)Marvel Studios 2017 Marvel-japan.jp/GOG-Remix


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう